「 iPhone 」一覧

Radikoのデータ通信(パケット)量はどれくらいか?

以前、Ingressを始めたばかりの頃まではよくiPhoneでRadikoを聴いていたが、パケット使い放題でなくなり、実際RadikoとIngressが主な原因で速度制限を食らうようになってからは、アナログの携帯ラジオに逆戻りしていた。

が、それも面倒といえば面倒であり、Pokémon GOでヘッドフォンをiPhone側に取られるようになったこともあって、Radikoは実際どれくらいのデータ通信量になるのかを調べてみた。

Radikoを付けっぱなしにしてデータ通信量を見てみると、だいたい15分で5~8MB前後、1時間で20~30MBといった感じ。一度15分で50MBぐらいになって驚いたが、番組表などを表示させると意外とデータを食うという話もあるようで、そうした関係かもしれない。

おおよそ、TBSラジオ固定で1日1時間×30日聴くと1GBぐらいに達するかも、という感じか。1GBの余裕を見ておけばいい、と考えて、Radikoを使うようにしてみようと思う。

実際のところ、Radikoは音質がよすぎるので、AMラジオ程度の音質でデータ量を抑えられるといいのだけど(デジタルでそれっぽくするのはかえってデータ量が増える気もするが)。格安SIMの低速モードで問題なく聴けるかどうかも確認してみたいところ。


防水Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore Sport A3182011」を買った

以前から使っていた風呂用スピーカー「YBP-22BT」が壊れてしまったので、新しいBluetooth防水スピーカーを買った。

選んだのはAnkerの「Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー A3182011」。Amazonで見るといつのまにか防水のBluetoothスピーカーはけっこう数がそろっていて、どれも良さそうな感じであったが、IPX7(水に浸してもOK。水深1mに30分まで耐えられる)という他機種にない高い防水性能に惹かれて選んだ。

実は前のスピーカーは落として壊してしまったので、防水性にそこまでこだわる理由もないのだが…。コンパクトでシンプルだったことも大きい。

20160629-12

実際に使ってみると、前に使っていた「YBP-22BT」と比べ段違いに音質がよくて驚いた。取り回しも容易だし、コンパクトでヒモ(?)が付いているので適当なところに引っ掛けておける。周囲がゴムのようで、多少落としても壊れないだろうと思われる。実にいい。

ただ、YBP-22BTはスピーカー側で再生/停止/前後の曲などの操作ができたのだけど、Ankerのこちらはできない。そのため操作がスピーカー側で完結しないのが少々面倒ではある。風呂に入る前にiPadとペアリングし、Radikoを起動するなり音楽を再生するなりしてから入るようにしている。

問題は、息子に目をつけられないようにするにはどうするかだが…。目をつけられると面倒なので、当面はこっそり使おう。


iPhoneをソニー「α7ii」のリモコンとして使う

iPhoneアプリ「PlayMemories Mobile」(Androidアプリもある)を使うとiPhoneを「α7II」のリモコンとして使えるということで、やってみた。

PlayMemories Mobile
20160101-00

まず、iPhoneにPlayMemories Mobileをインストールしておく。

20160101-03
すぐにPlayMemories Mobileを起動するとこのような画面が表示され、カメラと接続するように促される。このままでは利用できないので、いったん終了する。

20160101-01-a7ii-iphone-app
α7IIのメニューで「アプリ一覧」から「スマートリモコン内蔵版」を起動する。

20160101-02
すると上のような画面になり、α7IIがWi-Fiアクセスポイントになるので、iPhoneの「設定」から、このアクセスポイントに接続する。

20160101-04
iPhoneをα7IIにWi-Fi接続した状態でPlayMemories Mobileを起動すると、このような画面が表示され、いきなりリモコンとして使える。

できることは、露出補正(当然ながらプレビューできる)とシャッターを切ることのみ。フォーカスエリアの指定などフォーカス関係の操作はできないらしい。

iPhoneを使って撮影した写真はiPhoneの「PlayMemories Mobile」アルバムに保存され、iPhone上で見たり、共有したりできる。

機能はわりと限られ、レリーズタイムラグ(なのか?)も少々気になるが、集合写真や記念撮影の類には便利に使えそうだ。

▼参考
SONY α7Ⅱ 内蔵アプリを使用してiPhoneをリモコンにする方法!転送もOK! | Senbonsakura.com


iPhone 6sで従来の使い方を改善するTouch IDと、新しすぎて使いこなせない3D Touch

iPhone 6sが思った以上に使い心地がよくて、気に入っている。何と言っても優秀なのが(今更ながらだけど)Touch IDで、「スライドしてパスコードを入力」という操作をショートカットできることで、こんなに気持ちよくなるのかと驚く。

考えてみれば「ホームボタン押す→スライドする→パスコード4桁入力」の6手を「ホームボタンを指紋を登録している指で押す」の1手に短縮できているのだから、インパクトも大きいわけだ。従来の使い方を確実に改善する機能で、わかりやすい。

一方で、現在のところまったく使いこなせていないのが3D Touch(Taptic Engine)で、「既存のものをよくする」性格のものではなく「新しい使い方を提案する」ものなんだけど、

・peek(軽く押し込む)やらpop(深く押し込む)のためにiPhoneの持ち方を変えないといけない場合が多い
・「押し込む」ってダブルタップより遅いよね?
・押し込んで対象が浮き上がるエフェクトが微妙に遅くて気になる。結果的にタップして戻った方が早いと感じる
・現状ではたいていタップした先の情報が表示される程度の操作しか割り当てられていない
・押し込んだ指の影になって見えない部分がある。指を離すと戻ってしまうので超困る
・ショートカット系にはあまり利用頻度の高い機能が見当たらない

と、ついて行けてない感が激しい。
続きを読む


iPhone 6sのCPUにはSAMSUNG製とTSMC製の2種類があるとの話

iPhone 6s/6s PlusのA9 CPUはSAMSUNG製とTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)製の2種類があり、SAMSUNG製は明らかにバッテリーの持ちが劣るとのこと。既にあちこちで話題になっているが……。

プロセッサーによって性能差が生まれるのではないか? そう思ったユーザーたちは、まず自分のiPhoneがどちらのプロセッサーなのか確認する術を探し出します。簡単なのはAppStoreにあるシステムの情報が見えるアプリ「Lirum Device Info Lite – System Monitor」で、インストールして起動するとプロセッサーのモデル名が確認できます。
「うわ…私のiPhone 6s バッテリーもたない?」 CPU違いの6sでバッテリーベンチをしてみました – Engadget Japanese

20151004-01-iphone6s-cpu

ということで調べてみた結果、私のiPhone 6sはTSMC製だったようだ。買い換えてからバッテリーの持ちはかなりよくなっていると感じているし、これといって発熱が気になることもない。ひとまず安、だが、リンク先によるとバッテリー駆動時間に1.5時間程度の差が出るものを「同じ製品」とするのは、自分がSAMSUNG製を引いていたら納得できなかったと思われる。


iPhone機種変更で消えたLINEスタンプは「マイスタンプ」からダウンロード可能

iPhone 6sに機種変更して、LINEのスタンプが消えてしまって少々困っていた。三菱東京UFJが配っていたこれ(↓)。

20151012 03

スタンプショップで普通に探しても、配布していたのはしばらく前だったので、もう一覧に出てこない。しかたがないけど、ちょっと気に入っていたので残念だなあ、と思っていた。
続きを読む


iOS 9でLogicoolのBluetoothキーボードから日本語入力できない問題

しばらく前にiPad mini 2とLogicoolのBluetoothキーボード兼カバーの「iK0760SV」を買っていた。新しいMacBookはあまりピンと来ず、そのわりに高いし、最近のiPadでどれくらい使える(文章が書ける)ものだろうか? と思って。

20151011 11 ios 9 bluetooth keyboard

結論としては「文章をしっかり書きたいときはやっぱりパソコンだし、だらっと書くならiPhoneで十分」ということになり、iPadはKindleとニコニコ動画とPodcast用端末となっているのだが。 続きを読む


iPhoneの壁紙「視差効果」とは?

ふだんはスマートフォンの壁紙になど興味を持たないのだが、戯れにiPhone 6sの壁紙を変えてみたところ、「視差効果」なる設定があることを知った。

20151003 01 iphone wallpaper

調べてみると、iOS 7のときには既にあったらしい。そ、そうだったんだ…。

iOS 7:画面の視差効果を減らす方法 – Apple サポート 続きを読む


iPhone 6sで急にSIMが認識されなくなる→すぐに無償交換

iPhone 6sに機種変更してよろこんでいたら、夜中に急にSIM(au ICカード)が認識されず「SIMなし」の状態になった。電源を入れ直してもダメで、SIMを挿し直してもダメ。iPhoneの挙動そのものに問題は見られなず、何となく問題はSIMカード側にあるように思われる。

20150930 02iphone6s sim

試しに家族のSIMに差し替えてみると認識するので、問題の切り分けはできた。SIMの異常だとしか考えられないだろうという。自力での解決はあきらめ、翌朝auショップへ行った。 続きを読む


iPhone 6sを買った(iPhone 5cから機種変更)

iPhone 5cを2年使っていたらいろいろとボロボロになってしまったので、やむをえず新機種にした。金のないときに痛い出費だ、面倒くさい……と思っていたのだけど、使ってみると思った以上にいい。いや、相当にいい。

20150930 01iphone6s

まず驚いたのは、今さらだけどTouch ID。毎回パスワードを入力せず指紋認証だけでロック解除できることが、ここまで使い勝手に影響するとは! と感激した。

また、そんな余計な機能つけても複雑なるだけなんじゃないの? とネガティブに捉えていた3D Touchもいい。3D TouchはiPhone 6s/6s Plusからの新機能で、ガラス面を強く押すことでメールのプレビューやSafariのリンク先のプレビューなど、新しい操作が可能になるというもの。

対応アプリは今続々とアップデートで増えているところで、操作の習熟度としてもまだそれほど使いこなしている感じではないが、うまく使えばいろいろなことを少ない手数でできるようになりそうで、おもしろい。何事もやってみなければわからないものだ。 続きを読む