「 育児 」一覧

自分なら問題行動の罰として置き去りはないわーと思った

北海道で「しつけ」として置き去りにされた男児が話題で、個人的にもそのサバイバルエピソードに興味津々だ。

今朝たまたまテレビをつけたら、その話題でスタジオの出演者数名が全員揃って「自分もそういうことされた経験はあるし、『しつけ』として一概にはダメと言えないと思うんです…」的なお茶を濁したコメントをしていて意外に思った。そこはドヤ顔で父親を否定しておいた方が受けがいいんじゃないのかな?

私の考えでは、そういう「しつけ」はナシである。報道されている通りの経緯だとすれば、問題行動に対して「しつけ」のためとして罰を与えたようだが、それが「しつけ」につながるとは考えられない。

そもそも親が力を使って子供をやっつけるようなことは、いかなる原因・目的であっても相手に「いつか仕返してやる」という気持ちを抱かせることになり、最終的にろくなことにならない。といった趣旨のことが河合隼雄先生の本に書かれていた。それは確かにそうだと思って、常に心に留めている。

4006032587

書かれていたのは確かこの「大人になることのむずかしさ」だったかな? 新装されて文庫になっていたとは知らなかった。

続きを読む


息子(小3)とそろばん教室

2015年の2月から、息子がそろばん教室に通っている。これに関して意外に思ったことがいくつかあったので、年末にメモしておこうと思う。

以前から、息子には水泳とそろばんを習ってほしいなと思っていた。水泳はいろいろ仕掛けてその気にさせた結果、現在は水泳教室に行っている。たぶん体力強化などの効果があると思う。

▼関連
夏休みの水泳&自転車教室と、前向きな気持ちの重要さについて :Heartlogic[旧館]

問題はそろばんだ。息子はその気になったものにはかなりの意欲と集中力を発揮するが、一度苦手意識を持ってしまうと、なかなか前向きな気持ちになれないところがある、気がする。最初にうまくその気にさせられるかどうかで、彼の将来が変わってくるんじゃないかと思うことがけっこうある。
続きを読む


息子との「おてがみ」をやめた

息子が幼稚園の年中のときから実施していた「おてがみ」(交換日記)をやめることにした。小3にもなると「今日あったこと」とか書くのが面倒くさくてしょうがないらしく、まあそういうお年頃かもなーと理解できなくもない。

「毎日3項目書く」とかフォーマットを決めたらどうだろう? と思ったけれども話がいっさいふくらまず、しまいには「書くことがない」と言い出すので、私の方が徒労感を持つようになってきた。
続きを読む