「 有栖川有栖 」一覧

ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が悪くないというか面白い

どんな感じだろうか……とおそるおそる見てみた日曜夜のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が面白い。火村役の斎藤工さんは明らかに色気と生気がありすぎだが、「自分の世界に入り込り込む変人」というラインをしっかり押さえているため、なかなかに火村だ。

窪田正孝さんのアリスは原作で想像していたイメージとぜんぜん違うが、狂言回しとしてうまく機能していて、まあ悪くない。関東人なのでよくわからないが、関西弁は怪しい気がする。

▼関連
有栖川有栖「作家アリス」シリーズをキャラ押しで新装した「火村英生の推理」が実写化

4041005116

と、漠然と眺めている程度なのだが、角川ビーンズ文庫版が元だけあって、なんかそういう感じのネタが大量に仕込まれているらしい。

そういえばチョイ役にイケメン揃い過ぎでは? という気はしていた。なるほどなーと膝を打ったのは第2回の犯人役で、どこかで見た顔だとずっと思って見ていたのだが、仮面ライダーメテオだったのかホワチャーだったのか! と。メテオもなんか油断ならない狡猾な感じのキャラでしたね当初。

B006OVJ2AS

あとは、これに尽きる。


有栖川有栖が描く“夏休み+少年少女+冒険”の物語「虹果て村の秘密」

「夏休み」「少年少女」「冒険」が大好きな皆さんこんにちは! 加えて有栖川有栖のミステリが大好物な小林と申します。そんな魅惑の四重奏「虹果て村の秘密」という作品が出ていたことを、先日知りました。

虹果て村の秘密 (講談社文庫)
4062775875

主人公の上月秀介は、推理作家になることを夢見る小学校6年生。クラスメイトの二宮優希と一緒に、彼女の母であり、憧れの推理作家である二宮ミサトの実家がある通称「虹果て村」に行きます。

ジュブナイル小説なのか? 主人公が子どもであるだけで普通の本格ミステリなのか? とちょっと戸惑いましたが、あとがきにて「ジュブナイルミステリ」であり、子ども向けの企画のために書かれた作品であると説明されているので、ジュブナイル小説だ、と考えていいのでしょう。 続きを読む