「 写真 」一覧

台湾の日本旅行誌「飛鳥旅遊誌」に以前に撮った小樽総合博物館の写真が掲載

台湾の旅行会社「飛鳥國際旅行者」が刊行している日本旅行の雑誌(?)「飛鳥旅遊誌」に、Flickrで共有していた小樽総合博物館の写真を使っていただいた。

▼雑誌のサイト
ASUKA TRAVEL 飛鳥國際旅行社 | 幸.福.的.感.覺.在.飛.鳥 |

Flickrは最近めったにログインもしないでいたんだけど、たまたま送られてきた使用依頼のメッセージをタイミングよく見ることができ、できれば紙面のPDFを送ってほしいと依頼したら、丁寧にも送っていただきました。ありがとうございました。日本旅行の雑誌がこんなふうに成り立っているなんてすごい。

5月号の特集は北海道の鉄道で、北海道の2大鉄道博物施設として、三笠鉄道村(こっちは行ったことがない)と小樽市総合博物館が紹介されている。掲載ページはこんな感じ(p.99らしい)。

20160609-01-taiwan-asuka

三笠鉄道村へようこそ 北海道の大自然の中で鉄道を体験しよう! -三笠市幌内町
小樽市 :小樽市総合博物館

妻が小樽出身なので小樽は何度も行っているし博物館も何度か行った。いい時代に積み重ねられた文化の香りが街中から漂う、とてもいい町だと思う。妻から聞いた話では岩井俊二監督の映画「Love Letter」のヒットの影響もあって、台湾から(台湾に限らないかもしれないが)の旅行者は多いのだという。だいぶ前に1回観たきりだけど、いい映画だった。

検索してみると、いろいろと逸話もありそうだ。こんな話とか。

台湾の監督が小樽ロケ! | スタッフブログ | 北の映像ミュージアム

今月末にIngressのアノマリーがまた台湾であった気がするので、行かれる方はぜひ書店で見てきてほしいです。

▼以前に書いた記事
「小樽市総合博物館」は展示されている列車の数が異常 :Heartlogic[旧館]


原岡海岸(千葉・富浦)で富士山に沈む夕日を撮影

東京ドイツ村に行ったあとの宿を、内房線の富浦駅周辺に取っていた。直前の予約サイトで「千葉の南あたり」を探したらいい条件の宿がここにあった、というだけで深い意味はなく、東京ドイツ村からはちと遠すぎた。

行く前に調べていた感じでは駅周辺にそれなりに飲食店があったのだが、実際に行ってみるとほとんどが営業しておらず、なるほど観光地でもない田舎では連休になると店も休むのだ、という知見を得た。いや当日は笑いごとではなかった。コンビニもなかったし。

といった程度の雑な準備で富浦に行ったのだが、最寄りの原岡海岸がとてもいいところで、少々のトラブルは行って来いにしてたっぷりお釣りがくる収穫だった。

20160504-11-haraoka-kaigan

これは海岸に出た瞬間に富士山の影に太陽が隠れてしまって、カメラが間に合いませんでしたという瞬間……から10分ぐらい後かな?

この右側に見えている桟橋が原岡海岸名物で、撮影スポットとして有名らしい。インスタでもいろいろ写真が出てくる。

原岡海岸 • Instagram写真と動画

20160504-12

古くていい感じの桟橋がそのままになっていてで、実にフォトジェニックだ。暇で暇で仕方なくなったら、ここに貼り付いて撮影してみたい。

翌朝もカメラを持って行ってみたのだが、ガスが濃くて富士山は見えなかった。残念。

20160504-13


東京近郊の芝桜を求めて東京ドイツ村(千葉・袖ヶ浦)へ

事の起こりは「芝桜が見たい」だった。調べてみると東京の近くで芝桜が見られるところは意外と少ない。土地も必要だし手入れもかなり手間がかかるそうなので、なかなか難しいんでしょう。

もっとも有名なのは秩父の羊山公園だろうが、この時期の休日朝の西武線下りはダメだ。男親が子連れで出かけるときに変なハラスメントを受けることは少ないが、子供の前でダメな大人を見なければいけないときほど嫌なことはない。

この時期の西武線には何度か乗ったことがあるが、山行きの格好で列に割り込む、ボックスシートを2、3人で占領してシートに脚を投げ出し大声でダベる等々のマナー最悪の中高年グループを毎度目にする。ここで本題と関係のない愚痴を書いてしまうぐらいダメだ。

続きを読む


ひとりフォトウォーク:王子神社と北とぴあ(北区)

王子駅近くにある「北とぴあ」(ほくとぴあ)17階の展望ロビーは、新幹線、京浜東北線や貨物線、そして都電荒川線をまとめて観察できる、子鉄大喜びの展望台である(と、いいつつ下の写真は線路の見えない方角だが)。利用は無料。近隣にはカフェやファミレスもそれなりに。

20151108-h12

ただ難点もあって、展望窓が南、東、北の三方だけで、肝心の夕日がよく見られない。西には小さな窓があるのだけど非常口と隣接しているため「非常時以外立ち入り禁止」と書かれていて、来訪者のモラルを常に試している。

▼リンク
北とぴあ | 北とぴあ

20151108-h11-ouji-shrine

すぐ近くの王子神社は静かでいいところ。

20151108-h13

手持ちでもうちょっとクリアに撮れないかといろいろ試してみたのだけど、難しい。α7II、Sonnar 55mm F1.4。ISO8000 F2.5 1/100秒 ゴム製レンズフード使用(窓ガラスの反射防止のため)。

感度を上げるとノイズは増える。シャッタースピードを遅らせても手ブレらしきものは見えないが、どうも気分の問題であまり遅くできない。絞りはあまり関係なさげだか一応少し絞っておこう…といった試行錯誤のすえこんな感じに。

これは東京タワーを写しているが、東に振ると東京スカイツリーも見える。下に見える道路はよく見ると都電荒川線の線路も敷設されており、自動車と路面電車が一緒に走る風景が見られるのは、都内ではこのへんだけでなかっただろうか(東急世田谷線の事情はよく知らないが)。写真左下の木々は飛鳥山公園で、左下隅はJR王子駅のホーム。

DSC01870

東に振って、スカイツリーや新幹線、都電荒川線も写った状態が、こんな感じ。都電荒川線はJRの高架をくぐって飛鳥山の周囲をぐるっと回るように走る。


ひとりフォトウォーク護国寺(文京区)

何を撮ろうかと思いつつ、護国寺へ行ってみた。設定のメモを添えて習作を何枚か。

20151025-33
ISO4000、F4.0、1/100秒。

20151025-32-gokokuji
ISO8000、F6.3、1/25秒。補正後トリミング

20151025-31-gokokuji
ISO8000、F6.3、1/30秒。LightroomとPhotoshopでかなりノイズをごまかしている。

20151025-34
ISO2000、F1.8、1/40秒。


Lightroomのカタログ管理とRAW取り込みの設定

Adobe Photoshop Lightroom CC(2015)の設定を見直し、これまで適当に外付けドライブに放り込んでいたカタログファイルとRAWファイルを整理した。行った設定は以下のとおり。

・カタログを内蔵ドライブに作り直してスマートプレビューを作成
・Eye-Fi Mobi ProからアップロードしたRAWファイルをLightroomに自動で取り込むよう設定
・Lightroom Mobileが使えるように同期

カタログを内蔵HDDに作り直し、スマートプレビューを作成

これまでLightroomには「取り込み」しかできないと思っていたけど、「フォルダーの追加」で既存のフォルダーをそのままLightroomのカタログに取り込めることを知った。また、外付けHDDを接続していなくても「スマートプレビュー」を作成していればカタログは見られるということも学んだ。

そこで、まずDドライブにカタログを作り直し、外付けHドライブにRAWファイルを集め、Lightroomでフォルダーを追加するようにした。これで、たぶん多少高速になった、気がする。

スマートプレビューの作成は「ライブラリ」→「プレビュー」→「スマートプレビュー」→「すべてを生成」の順にクリックする。

Eye-Fi Mobi ProからアップロードされたRAWファイルをLightroomに自動的に取り込むよう設定

Eye-Fi Mobi ProからアップロードされるRAWファイルをピクチャフォルダー内の「Eye-Fi RAW」フォルダーに保存し、Lightroomでは「Eye-Fi RAW」フォルダーを監視するよう設定。RAWファイルは年ごとに管理することにして、以下のように設定した。「サブフォルダー名」は年ごとに書き換える形。

20151022-12

これまで年間で多くても5000枚はRAWを撮っていないことが判明したので年ごとの管理にしてみたが、もしも撮影量が増えたら適当に分けよう。Lightroom上ではフォルダー分けしなくても問題ないが、Windowsのエクスプローラーでは1フォルダーで数千ファイルの前半を超えるとちょっと重くて辛い印象がある。

Lightroom Mobileが使えるように同期

iPadとiPhoneでLightroom Mobileを使うために同期する。同期のためには「コレクション」を作り(スマートコレクションはNG)、右クリックして「Lightroom Mobileと同期」にチェックマークを付ける。するとコレクションに加えた写真がLightroom Mobileでも利用可能になる。

なるほど。カタログ全部を問答無用で同期みたいなのはできないのか……。なお同期などの作業は画面左上の「Lr」ロゴをクリックすると停止したり再開したりできる(下の画面写真参照)。

20151022-13

以上で、ずっと放り出していたLightroomのファイル管理まわりを整理できてスッキリした。


東京五輪2020予定地を歩く:2013年の海の森(植樹祭)

有明・お台場エリアのさらに沖にある埋め立て地「海の森」は、現在一般の立ち入りはできませんが、時おり行われるイベントに参加することで、立ち入りが可能です。

20140223 08

2016年に「海の森公園」としてのオープンを予定しており、2020年の東京オリンピックでは、馬術(海の森クロスカントリーコース)や、ボート、カヌー(海の森水上競技場)、自転車(海の森マウンテンバイクコース)競技の会場として予定されています。

この海の森で、2013年の秋に行われた植樹祭に参加しました。実際には私は行けなくて(台風の接近で日程がずれてしまい…)、妻と息子が参加してきたので、そのときに撮ってきてもらった写真を紹介します。 続きを読む


Dropboxが、スクリーンショットの自動保存とiPhotoからのインポート機能を搭載

Dropboxの最新版(Macだと2.40。自動的にアップデートはされないので、サイトからインストールしなおす必要あり)で、2つの新機能が追加されました。

20131001 12

1つはスクリーンショットを自動的にDropbox内に保存する機能。Macでは[command]+[shift]+[3]を最初に押したときに上の画面が表示され、[スクリーンショットをDropboxに保存]をクリックすると、以降はDropboxフォルダ直下に「スクリーンショット」フォルダが作られ、そこにスクリーンショットが保存されるようになります(デスクトップには保存されません。また「瞬時に共有」と書かれていますが、いきなり他のユーザーに共有されることはありません)。 続きを読む


東京五輪2020予定地を歩く:(番外編)豊洲の地下にある巨大変電所「新豊洲変電所」と名前が隠されたビル

(2回目にして番外編か…!)豊洲駅からゆりかもめで1駅、新豊洲駅と直結したところに、周りに何もない中で猛烈に目立つ、立派な円筒形のビルがあります。

20130930 01

東京オリンピック招致プランに描かれた競技場の建物の絵に円筒形のものが多いので、最初、競技場の1つがすでに完成しているのかと勘違いしていましました。が、この場所は特に競技場の予定地にはなっていません。 続きを読む


東京五輪2020予定地を歩く:有明アリーナ、有明ベロドローム、有明BMXコース

2020年東京オリンピックの競技場予定地となっているお台場周辺エリアの、2013年の様子を見てきました。

20130928 11

この寝転がったら気持ちよさそうな原っぱは、オリンピック招致プランの8番「ワールドクラスのバレーボール会場」となる有明アリーナの予定地です。

▼招致プランはこちら:
招致プラン>>TOKYO 2020|2020年、オリンピック・パラリンピックを日本で!
20130928 21
続きを読む