NEC「LAVIE Direct HZ」を注文した(クーポン&キャッシュバックのメモ)

3年以上使ったMacBook Airに代わるモバイルノートとして、NECの「LAVIE Direct HZ」を注文した。同社の超軽量モデル「LAVIE Z」の系統で、「HZ」はタブレットとしても使える「HYBRID ZERO」の略。「Direct」は直販専用モデルであることを表す。

前の記事から悩んでいて、決め手となったのは13インチで800gを切る圧倒的な軽さと、現ユーザーに特に不満の声がないようであること。久しぶりのWindowsノートで戸惑う点もありそうだが、MacBookでなければならない理由もなくなったし(最近MarsEditを使わなくなった)、Windows 10はけっこういいOSだと思うし、乗り換えてみるのも悪くないだろうと判断した。
続きを読む


モバイルPC選び2015冬。LAVIE Direct HZまたはMacBook待ちで

昨日の続き。ショップにSurfaceなどを見に行ってきた。

やっぱりSurface含めタブレットはナシだ。あのキーボードカバーとタブレットを立て掛ける形態では、膝に置いてタイピングできない……よね?

キーボード部でタブレットをがっちり押さえて膝の上タイピングができるようになっている2way(2in1?)マシンもあるが、そうした機種のほとんどはタブレット単体だと軽いのにキーボードを加えるとあっさり1kg超えで、軽さを追及する意志が特にないらしいことに失望する。私は軽いのが欲しいのだ。今回は1kg未満にこだわりたい。
続きを読む


最近のVAIOってどうすか?

半年ほど前から、小型のノートパソコンというかMacBook Airから買い換える先を検討している。3年以上使っているのでそろそろ買い換えたいのだが、候補機が見つからない。

MacBookならば新機種待ち

新しいMacBook(12インチ)を今買うのはネタ性に欠けるし、ぼちぼちリニューアルされるのではないかと思いつつ数カ月経った。MacBook Airをまた買うのもどうかと思う。2016年2月にRetinaディスプレイ搭載MacBook Airという噂もあるようだが、テキスト作業主体のマシンだからRetinaとかどうでもいいんだけどなあ…。
続きを読む


「リスーピア」(お台場)。展示もレストランも予想を遥かに上回るクオリティ

「リスーピア」の存在はかなり前から知っていたが、最近まで何となく敬遠していた。名前に「お勉強」感が強すぎる印象があったのと、サイトの構造がよくわからないのと、やたらと混雑だ整理券だという情報だけが目立って、なんか大変そうだと思ったためだ。

ところが行ってみたらすごく面白くて、もっと早く来ればよかったと軽く公開したので、ここで紹介したい。

▼サイトはこちら
リスーピア – 施設案内 – パナソニックセンター東京 – コーポレートショウルーム – 企業情報 – Panasonic

20151208-12

お台場(有明)の東京ビッグサイト近く、パナソニックのショウルーム「パナソニックセンター」内にリスーピアは入っている。2階と3階があり、2階は誰でも無料、3階は大人のみ有料(500円)となっている。3階の体験展示も非常におもしろいので、時間があれば両方をおすすめする。

なお、ショウルーム内であるためか館内のいたるところに「撮影禁止」や「動画撮影禁止」(写真はいいの?)の看板があり、どこが禁止なのかよくわからないので、写真は少なめにしておく。
続きを読む


映像がすばらしい。実際の給水施設「有明給水所」の上に建つ「東京都水の科学館」

お台場(有明)の「東京都水の科学館」は東京都水道局の広報施設の1つで、無料で入館できる。いつか行こうと思いつつなかなか機会がなかったのだが、先日ようやく行くことができた。

東京都水の科学館 TOKYO WATER SCIENCE MUSEUM

最寄り駅はゆりかもめの「国際展示場正門前」または、りんかい線の「国際展示場」駅で、駅から10分ほど、ちょっと行きにくい場所にある。なぜそんな場所なのか? と思っていたのだけど、ここは水道局の「有明給水所」の上に建っていたことを行って初めて知った。施設見学の「アクア・ツアー」に参加することで実際の給水用のポンプを見学できる。

20151208-01-mizuno-kagakukan
入ってすぐの1階にあるのが「アクア・パーク」。小さい子供も遊ばせることができる。

20151208-04
展示や実験・体験のエリアが2~3階にあり、この写真は水源地の様子を学べる「アクア・フォレスト」。ほかに浄水場の仕組みを学んだり水についての実験ができたりする「アクア・ラボラトリー」と、暮らしの中での水の使われ方について学んだり、クイズができたりする「アクア・タウン」があり、これらの見学コースは小一時間で回れる。小学生の中~高学年向けといった趣だ。

「ポンプにプロジェクションマッピング」と「部屋全体に映像投影」という映像展示がすごい

20151208-05
これは、「アクア・ツアー」集合場所にある施設の見取り図。通常の見学者は入れない地下の階層まで行き、実際の給水用ポンプを見られるのだが、ここで上映されるデモンストレーション映像がやたらと凝っていて、なんと実際に運用されているポンプにプロジェクションマッピングで映像が投影される(写真撮影は禁止)。映像を映してもポンプの運用には何の影響もないのだろうが、えっ、そんなことするの!? と驚いた。

館内にはもう1つ「アクア・トリップ水のたびシアター」という施設があり、こちらでは部屋中に映像が投影され、水源地から浄水場を通って街に供給されていく「水の旅」を見ることができる。この映像の迫力もなかなかのものだ。

「アクア・ツアー」は30分ごとの開催、「アクア・トリップ水のたびシアター」は15分ごとの上映で、どちらも受け付けで予約する必要がある。全体的にはこぢんまりとした施設という印象だが、せっかく行ったならば、時間を合わせて「アクア・ツアー」と「アクア・トリップ」に参加し、映像を体験してみることをおすすめする。

20151208-03
入り口付近では水道水のペットボトルを配布していた。いただいて帰り道に飲んでみたところ、たしかに水道水の味だった。

飲み終わってから思い付いたのだが、ほかのミネラルウォーターと「効き水」をしてみたりするのも一興だったかもしれない。


子供向けプログラミング言語「Scratch」を少し使ってみた

何の展開も思い付かないので、とりあえずメモとして。子供向けのビジュアルプログラミングでは最メジャーの「Scratch」を使ってみた。

20151206-01-scratch

Scratchのサイト」で「やってみる」をクリックすればプログラムの作成画面になり、ブロックを組み合わせていくだけで、何かしらできあがる。メニューの分類や、ブロックの機能および形状の意味などのわかりやすさは「MOONBlock」よりも優れていると感じた。
続きを読む


「MISFIT SHINE」セットアップ。普通の腕時計より軽く装着して気にならない感じ

前回の続き。活動量計&時計の「MISFIT SHINE」試用のため預かった個体に初期不良があったため、交換していただいた。

▼前回
干渉せず24時間ユーザーを見つめるウェアラブルのあり方とは? 「MISFIT SHINE 2」説明会 | Heartlogic

20151203-13
まずはセットアップを始める。App Storeで「MISFIT」をインストールし、起動すると、果てしなくリア充なビジュアルと共に新規登録を求められるので、ログインかMISFITのアカウントを作る。次いで性別、生年月日、身長、体重の入力を求められる。

20151203-14
次いで「ゴール」の設定。要するに1日の運動の目標を松茸梅の3段階から選べ、というもので、デフォルトの竹(アクティブ)とする。
続きを読む


ダニエル・ゴールマン「フォーカス」。人が努力に裏切られないため必要なこととは?

EQ こころの知能指数」「SQ 生きかたの知能指数」の著者であるダニエル・ゴールマンの新刊「フォーカス」が届いたので、さっそく読んだ。何やら過去の著書と違ってキャッチコピーが俗っぽく、どこかの自己啓発書のようだ。

心理学や脳神経科学の専門家であり、「EQ」で情動について、「SQ」で社会的知性について書き他者との調和、社会の中での人のありかたについて論じてきたゴールマン氏は、本書では「集中」や「共感」について論じている。
続きを読む


【今日の表紙買い】「夏が、僕らの世界を見ていた」。買うのに勇気がいる表紙

夏休みモノ(というジャンルが確立されているのか知らないが)、大好きです!

20151129_11-natuga

でもこの本は、買うのをかなり躊躇した。結局買ったのは、ブログのネタになるし~と思った(そもそも「ちょっと気になる」レベルのマンガを買う踏ん切りが付かないことが多いので、このカテゴリーを設けたのだった)のと、見かけた書店に手書きPOPで「ノスタルジックで素敵なマンガ」と紹介されていたためなんだけど、このご時世にスクール水着ってノスタルジックというよりも……まあいいや。
続きを読む


干渉せず24時間ユーザーを見つめるウェアラブルのあり方とは? 「MISFIT SHINE 2」説明会

この時期の、都営地下鉄の駅が好きだ。本格的な冬になる手前のほどよい緊張感のある冷気が頭を冷やし、オフピーク時間帯の閑散とした薄暗い構内に、カーンともキーンとも違う、何とも表現の難しい無機質な音が定期的に響く。

無関心で満たされていながら、頼れる緻密なシステムの存在を感じさせるあの空間にいると、ものすごく落ち着く。

昨今のウェアラブルデバイスは「自分好き」のためのものだと思う。もちろん悪いことではないが、自分好きでない私にはどうも乗れない。

20151127-02

活動記録の類はいろいろ試してみたけれど、「自分をかまう」という発想がなかなか出ない私にとっては、データを取っても活用しないので意味がなく、どうにも過干渉に感じる。

それに、連中はやいのやいのとデータを見せてくるだけで、困ったときに頼れるわけではない。「この睡眠時間だとそろそろ壊れるのでは?」というときにアプリのログデータを根拠にすればすんなりと休暇を取れるだろうか? そんなわけない。

結局は自分で何とかしないといけないのなら放っといてくれよ、という気分になってしまうのである。こうして書いてみると、我ながらどうしようもないな。

そんなことを考えながらも、2016年1月の発売が予定されているウェアラブルデバイス「MISFIT SHINE 2」のブロガー向け説明会に参加してきた。何のかんの言っても新しいものが気になるのと、ウェアラブルデバイスのメーカーは現在どんなことを考えて製品やサービスを提供しているのか、聞いてみたかったためだ。自分が大好きで自分のデータをチェックしまくりたい人向けなのか、そうでない何かがあるのか?
続きを読む