人工知能のコンテンツとコンテクスト

私たちはコンテンツとコンテクストを同時に消費している。たいていのモノの評価は、そのモノ自身だけでなく周辺の情報と総合した結果として下される。

いわゆる「ラーメン屋の客は情報を食ってる」というのも一例であり、飲食店の評価は、店について語られるエピソードや他人のレビューや店内の接客態度にも左右される。佐村河内守の音楽などもわかりやすい例だ。アイドルがさまざまな企画でエピソードを増やし、広めようとするのは、もはやそれ込みでコンテンツか。

人工知能が作った音楽を、人間が作った音楽と同様に鑑賞できるか? という話題がある。「人工知能が著名な音楽家のパターンを学習して作った曲です」と言われても音楽への純粋な欲求よりも好奇心が強く刺激されてしまい、コンテンツを純粋に楽しめる気がしない。

では、例えば小説を作る人工知能と組み合わせて、コンテクストと共に音楽がプロデュースされたらどんな感じになるのだろうか。「モルダウのほとりで半年間水や風の音を学習し、生まれた曲です」とかね。何なんだそれ。

人工知能はどのようにプロデュースされるか?

「人工知能が作った」でニュースになる時代が過ぎ、それでも人工知能がそれなりのコンテンツを作れるのだとしたら、その人工知能は架空の新人としてプロデュースされ、豊富なコンテクストと共に愛され、そしてどこかで華々しくネタバラシが行われたりするのではないだろうか。

むしろ今すでにそういうのが仕込まれているのではないか。よくわかんないけど。囲碁や将棋のAIは、すでにコンテクストをたっぷり背負ってると言えなくもないか。

クラシックの「誰々の○番」という絶対音楽は、題名は付けないので音楽を純粋に鑑賞してくれというものらしいので、人工知能が作曲するというのは一周回っておもしろい状況なんじゃないかとも思える。

で、人工知能が作曲してくれるサービス「Jukedeck」で作曲を頼んでみた。

Jukedeck – Create unique, royalty-free soundtracks for your videos.20161003-01

「PIANO」「MELANCHOLIC」「4:33」と指定したらできあがったのが、「Zany Moon」(おどけた月?)という曲。悪くないけど、なんかタイトルが付いてるけど、コンテクストは何もない。

シェアするときにも「人工知能が作ったよー」ぐらいしか話題がなくない? 音楽ライターが「この曲のレビューを書いてくれ。ただし人工知能云々には触れずに」と依頼されたら、どういうことを書くんだろう?


Radikoのデータ通信(パケット)量はどれくらいか?

以前、Ingressを始めたばかりの頃まではよくiPhoneでRadikoを聴いていたが、パケット使い放題でなくなり、実際RadikoとIngressが主な原因で速度制限を食らうようになってからは、アナログの携帯ラジオに逆戻りしていた。

が、それも面倒といえば面倒であり、Pokémon GOでヘッドフォンをiPhone側に取られるようになったこともあって、Radikoは実際どれくらいのデータ通信量になるのかを調べてみた。

Radikoを付けっぱなしにしてデータ通信量を見てみると、だいたい15分で5~8MB前後、1時間で20~30MBといった感じ。一度15分で50MBぐらいになって驚いたが、番組表などを表示させると意外とデータを食うという話もあるようで、そうした関係かもしれない。

おおよそ、TBSラジオ固定で1日1時間×30日聴くと1GBぐらいに達するかも、という感じか。1GBの余裕を見ておけばいい、と考えて、Radikoを使うようにしてみようと思う。

実際のところ、Radikoは音質がよすぎるので、AMラジオ程度の音質でデータ量を抑えられるといいのだけど(デジタルでそれっぽくするのはかえってデータ量が増える気もするが)。格安SIMの低速モードで問題なく聴けるかどうかも確認してみたいところ。


LightroomのRAWファイル保存ドライブを変更する方法

Lightroomのカタログのみ内蔵HDD(Dドライブ)に保存し、外付けHDDにRAWファイルを保存していたのだが、「古いHDDにRAWを置くと重い」という当たり前の事実により作業が滞りがちだったので、別の外付けHDDにRAWファイルを移すことにした。

▼参考:前の作業
Lightroomのカタログ管理とRAW取り込みの設定

やったこと。

・移転前のドライブ→移転後のドライブにRAWファイルをコピー
・Lightroomでライブラリのフォルダーを選択して「フォルダーの場所の更新」(下の画面写真参照)

20161002-01

・旧HDDを取り外し、念のため再起動

で終了。ほかの正しい方法があるような気がしなくもないが、メモしておく。

再起動後、なぜか言語設定が英語になってしまったのでPreferenceから日本語に戻した。


映画「君の名は。」感想

「君の名は。」を観た。この夏は話題作が目白押しな中で観たのはポケモン映画だけです、というのも勿体ないというか人として問題があるんじゃないかとも思えてきて、しかし最寄りの映画館でやっている「シン・ゴジラ」は時間が合わず、では「君の名は。」にしましょう、ということで行った。

と書くと消極的選択の果てみたいだが、Webにあふれる新海誠監督評はときどき斜め読みしていて、ものすごくハマるか全然合わないかのどちらかのように思えてちょっと怖かった、というところもある。新海監督の映画はこれまで観たことはなく、「君の名は。」が初めてとなった。

20160918-10

とてもよかった。合う合わないとかの個人の好みのレベルでなく、多くの人の心を打つ普遍的な強さを持った映画だと思う。

「世界は美しい」そして「人生は生きるに値するものだ」と、誰の言葉だか忘れたけど、そんな感想だけが残ってあんまり細々と語る気にもなれず、「すごかった」ぐらいしか出ない。一緒に観に行った妻は「先が読めな過ぎて胃が痛くなった。楽しかった」と言っていた。

何でしょうね。こんなに「いい」以外の感覚がないエンターテインメント作品に出会ったのはものすごく久しぶりな気がする。とりあえずパンフレットは買ったし、RADWIMPSのアルバムも買ったし、そのうち小説版も買うでしょう。もっといいスクリーンと音響の場所で観たいという気持ちもある。

雑に書いてしまうけども、本作の映像の「美」しさは改めて語るまでもないというか「新海誠監督作品」というのは「そこはとりあえず絶対保証します」ということなんだと思っている。そのうえで主人公たちの「善」性が気持ちいい。これといって特別な描かれ方をしているわけではない、等身大の若者たちでいながら、まっすぐにそれぞれの信じる「善」を為そうとしていることが、気持ちよく作品を見られた理由の1つなのかなと感じた。

「真善美」のもうひとつ「真」においては、設定された事実の複雑さ、難解さと、それに翻弄されながも、最初から最後まで「真」を解き明かし、最良の結果を目指そうとする主人公たちの姿勢に圧倒される。「強い」という印象は、そうしたところから来ているのかなと思った。

ところで、RADWIMPSというバンドをこれまで知らなくて、しかし「どこかで聴いた感じ」がものすごくあることに、ちょっと戸惑っている。


お台場の「VR ZONE」へVR体験に行ってきた、が…

VRを一度ぐらいは経験せねばと、お台場の「VR ZONE」に行ってきました。

▼公式サイト
VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ

20160810-02

だけど、ぜんぜんわかりませんでした。

1つ思い出した重要かもしれないことに、私は3DドライブゲームとかFPSの類がド下手だったということがあって、ボトムズもただただ粗いドットがうねうね動いているようにしか見えず、撃った弾はなぜか床に当たりまくり、スキーのVRシミュレーターをやっても、傾斜の具合とか自分の加速状況とかがさっぱりわからない。退場。

これが自分の認知能力だか何かの欠如によるのか、VRは(またはHTC Viveは?)映像としてはその程度のもので、普通の人は情報処理能力や運動能力が高いだけなのか、よくわからないなあ。

20160810-03

もう1つよくわからないのは、ボトムズのシミュレーターの係の人が終始一貫してATないしスコープドッグのことを「ボトムズが起動します」「ボトムズで戦います」のように呼んでいたことで、ユーザー層的にボトムズもリアルタイムで見ていたマニアが多かろう中で、高橋伸輔の色紙まで飾られている中でなぜ? 私が何か勘違いをしているのか?? と別の意味で取り乱しかけました。

私にはVRがわからないのか? ホラーのやつならもっと没入できたのか? 1週間後に本物のVRを見せてくれる人物が登場したりしないのか? と、非常にスッキリしない気持ちになりました。


新国立競技場予定地、霞ヶ丘アパート(2016年7月)

新国立競技場の予定地を見に行ってきました。

2020年の東京オリンピック会場予定地を見て歩こうとカテゴリまで作っていたのが、いろいろあっていろいろしている間にケチが付きまくって、しかし今更五輪やめまーすもないだろうし実際問題工事は進んでおり、まあ、とりあえず見に行ってみるかと。

20160705-01-shin-kokuritsukyougijyo

Googleマップを見るとまだ国立競技場は健在でしたが、上の地図の赤枠はぐるっと工事の壁が囲まれていて、国立競技場はすでに取り壊されていました。

20160705-02
ところどころ壁の中が覗けるように透明になっていて、中はこんな感じ。向こうに見えるネットは神宮球場(か第二球場)。

20160705-03
草ぼうぼうの更地から代々木のNTTドコモビルを望む。

このあたりでやっていた自転車教室はどうなったんだろう? と思ったら、日本サイクリング協会のサイトには今も変わらずサイクリングコースと自転車教室の紹介がありました。国立競技場の敷地を使っていた貸し自転車置き場はなくなってしまったはずだけど、近くに移転して続いているのかもしれません。

神宮外苑サイクリングコース Japan Cycling Association

20160705-04
工事現場周辺はランニングコースになっているようでした。

20160705-05
ここは警備が手薄だぞ…!

20160705-06
放置自転車ってうかつに撤去とかできないんだっけ? 向こうに見えるのは工事中の敷地に隣接し、新国立競技場の関連用地とされているらしい「都営霞ヶ丘アパート」。

具体的な用地の使い方については、新国立競技場のサイトを見てもイマイチよくわかりません。
トップページ | 新国立競技場 | JAPAN SPORT COUNCIL

都営霞ヶ丘アパートは、廃墟団地マニアにも人気の場所でした。しかしすでに取り壊し工事中で入れず。

都営霞ヶ丘アパート (東京都新宿区) – 2020年東京五輪開催で消えそうな団地は都心の限界集落だった – 東京DEEP案内
早くしないと再開発されちゃう町めぐり – デイリーポータルZ:@nifty

20160705-07
都営霞ヶ丘アパート取り壊しの様子。

20160705-08
アスベスト出ましたーとかそういう情報。

20160705-09
取り壊し中の建物。

20160705-10
霞ヶ丘アパートの前にある「かすみ児童公園」。

20160705-02
信濃町の方からぐるっと歩いてみましたが、千駄ヶ谷方面の東京体育館から見下ろすのが、もっとも工事現場がよく見えるアングルでした。休日でもそれなりに人がいて、排水路の整備などをしていたのかもしれません。


防水Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore Sport A3182011」を買った

以前から使っていた風呂用スピーカー「YBP-22BT」が壊れてしまったので、新しいBluetooth防水スピーカーを買った。

選んだのはAnkerの「Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー A3182011」。Amazonで見るといつのまにか防水のBluetoothスピーカーはけっこう数がそろっていて、どれも良さそうな感じであったが、IPX7(水に浸してもOK。水深1mに30分まで耐えられる)という他機種にない高い防水性能に惹かれて選んだ。

実は前のスピーカーは落として壊してしまったので、防水性にそこまでこだわる理由もないのだが…。コンパクトでシンプルだったことも大きい。

20160629-12

実際に使ってみると、前に使っていた「YBP-22BT」と比べ段違いに音質がよくて驚いた。取り回しも容易だし、コンパクトでヒモ(?)が付いているので適当なところに引っ掛けておける。周囲がゴムのようで、多少落としても壊れないだろうと思われる。実にいい。

ただ、YBP-22BTはスピーカー側で再生/停止/前後の曲などの操作ができたのだけど、Ankerのこちらはできない。そのため操作がスピーカー側で完結しないのが少々面倒ではある。風呂に入る前にiPadとペアリングし、Radikoを起動するなり音楽を再生するなりしてから入るようにしている。

問題は、息子に目をつけられないようにするにはどうするかだが…。目をつけられると面倒なので、当面はこっそり使おう。


「ゼロからわかる! お金の教科書」。広く浅いお金の解説書

お金の勉強をあらためてやろう、と思って、とりあえず基礎の基礎を丁寧に教えてくれそうなこの本を手にとった。「図解 ゼロからわかる!最新 お金の教科書 (お金のきほん)」(畠中雅子監修 学研)。

4058006293

後になっていろいろわかってきたところで認識が大きく変わるかもしれないが、とりあえずの感想としては「知識ゼロの人向けで、とりあえず知っとこう的な情報が並んでいるだけじゃない?」といったところ。ファイナンシャルプランナーの方は著者じゃなくて監修なんだな。

結婚、子育て、住宅、老後といったこれからの大きな人生のイベントを見通して考えることが大切です。計画的にお金を貯めていきましょう、そのために家計簿をつけましょう、といった話から始まって、ほんわかした見た目から飛び出すデカい話に絶望する。

別に間違ったことは言っていないと思うが、実際問題としてこの本を読みながら今後の人生の計画を立て、家計簿を始めて…というのは途方もなさすぎる。今の時代にそういうマトモな人生の見通しを素直に描けて、なおかつお金についてあまり勉強していなかった人というのはどのくらいいるものだろうか? という疑問も湧く。例えば「子供が生まれたら学資保険」って言ってもさー、既往症があるとすでに難しかったりするわけで。

この本はパラパラとめくっていって、知らないキーワードがあったらざっと読んで覚えておく、といった使い方がいいのだと思う。浅いが広さはきっちりありそうだ。

本書を読んで印象深かったのが「お金を預けるなら利率の高いネット銀行」と、やけにキッパリと言い切っている点。そうか、普通の銀行とかゆうちょ銀行とかに寝かしている場合じゃないのか。ここは即見直そう思った。


家族で漢検を受けた記録(受験級の選択、申し込み方法、勉強方法)

息子が急に漢検に興味を示したので、家族で受けることにした。申し込みや試験のための勉強でやったこと、反省点などをメモしておく。

漢検とは

日本漢字能力検定協会が年に3回実施している検定。10~5級は小学校1~6年生、4級は中学校在学程度、3級は中学校卒業程度、2級は高校卒業程度の難度とされる。そのほかに準2級、準1級、1級もある。

個人的には興味がなく、以前に何かスキャンダルがあったよな程度の認識しかなかったが、まあ、いい機会ではないかと思って受験してみることにした。

▼日本漢字能力検定協会のサイト
公益財団法人 日本漢字能力検定協会

家族で同じ会場にする場合は郵送の申し込みが必要

試験は6、10、1~2月と年に3回行われるそうで、それぞれ3カ月前ぐらいから申し込みが始まるようだ。

漢検の申し込みはわりとハイテクで、Webから楽天IDによる決済で申し込んだりできる。しかし、家族で同じ試験会場にするためには、書店支払いで願書を郵送するという最も原始的な方法ではないとダメらしい。

6月受験の小学生は前の学年相当の級を受ける子が多い

今回、私は2級、妻は3級、息子(小4)は7級を受けることにした。7級は小学4年生相当。どうせ受けるなら4年の1学期に4年生の漢字全部でもいいんじゃないの? と思ったが、4年生が6月に受けるなら8級(3年生相当)が普通らしい。

問題集などをやっている感じでは7級でもけっこう好成績だったようだが、本番はあまりよくなかったようだ。試験1カ月前ぐらいから過去問題の点は良かったので油断していたけど、もっときちんと見てやればよかったなというのは今回の反省点。

わりと珠算検定の日程が近い

あとでわかったのだけど、珠算検定(6級以上)も6月、10月、2月ぐらいに行われるらしく、そろばんもやっている息子にとっては、この2つのスケジュールがぶつかる(実際、漢検の試験の直前にそろばん教室で珠算検定対策をやっていたぐらい)。負担を軽くする意味でも8級にしておくのがいいのかもと思った。

2級受験のための勉強時間は50~70時間ぐらいだった

受験にあたり、問題集を2冊買った。

日本漢字能力検定協会が出している過去問題集は、前年度の2級の試験全13パターンを収録したもの。試験本番のシミュレーションとしてはいいが、範囲的には狭く、これ1冊だけでは不安がある。

4890963413

高橋書店の問題集はボリュームがあり、評価も高い。平日はこちらの問題集をやって、間違った問題を単語帳に書き出して復習しつつ、休みの日に過去問題集をやる→間違った問題を単語帳に書き出す、といった感じで進めた。入れ替えやシャッフルも自在にできる単語帳が超重要。

4471440713

試験のおよそ2カ月前から勉強を始め、休みの日には2、3時間やったこともあったが平日にはまったくできないこともあったので、勉強時間はトータルで50時間から70時間といったところか。

最初に過去問題をやったときには、5~6割程度しか正解できなかった。とにかく書き取りと四文字熟語が難しく、聞いたこともない四文字熟語がバンバン出る。「不偏不党」は知っているけど「普遍妥当」なんて初めて知った。

漢字とか本業じゃないのかね? と思われるかもしれないが、IT関係で使う語彙などしれたものだし、日頃ゴシック体ばかり扱っている身に、とめはね払いもきちんとしないといけない漢検はとても厳しい。「てへん」がはねるなんてすっかり忘れていた!

試験の1週間前には初見の過去問題でも8~9割正解できるようになった(一応8割程度が合格ラインとされる)が、そもそも「(とめはね払いなどを)きちんと書けていないとバツ」なので、自分採点基準で大丈夫なのか非常に不安だ。

級によって時間帯が違う

漢検は級により時間帯が違う。併願も可能なので、2級と3級など近い級は時間帯を散らしている感じになっている。

試験会場には待合室が設けられ、家族で受験している人たちがそこで待っていたりしている。2級は朝イチで、あとは妻と息子を見守るだけだったので、ある意味気楽だった。

合否は40日ぐらい後らしい

合否の通知が送られてくるのは40日後らしい。試験のおよそ1週間後に標準回答が送られてきて、30日後ぐらいにはオンラインで合否の確認もできるとかなんとか(標準回答と一緒に送られてくる書類に書かれているとか)。

けっこう楽しい

家族で一緒に漢字の勉強をするのは、なかなか楽しい。そして、無心にノートに漢字を書くのも楽しかった。こんなにアナログの筆記用具を使ったのなんて超久しぶりだ。ほかに何か手頃な試験があったらやってみたい。

スマホの試験対策アプリも役に立たなくもない

試験勉強には問題集と単語帳のほかに、iPhoneアプリも利用した。広告が出てくる無料アプリがあって、正解するたびにゲームの広告が出るやつとかはある種拷問だなと思った。

手書き判定が試験に通るレベルではないので、書き取りの勉強は適さないと思う。しかし、四文字熟語と部首の「知っていることが重要」な問題に関しては、隙間時間にできるiPhoneアプリもありかなと思った。


「からかい上手の高木さん」。ちょっと濃かった

田舎の風景、少年少女、「からかい」上手と…。これは私にジャストミートに違いないと思って買った。

ちょっと高木さんの「からかい」が濃すぎというか執拗というか…な感じで、どうなんだと思わないこともないが、そのぶん西片くんが果てしなくピュアで健気でいい奴なので、むしろ西片萌えだった。でもネタ的に、わが家の本棚に並べるのは2年ぐらい後としたい。

高木さんが「からかい上手」なのは、西片くんが天然の「からかわれ上手」だからなんだろうなあ、きっと。

著者である山本崇一朗氏のほかの作品「あしたは土曜日」「ふだつきのキョーコちゃん」も同じ舞台なんだそうで、こんど買ってみよう。