「 社会的ネットワーク 」一覧

地球は丸かったし、世界はネットワークだった:社会ネットワークのひみつ(1)

この文章は、社会的ネットワークと、その中での生き方について、息子(2013年現在、小学校1年生)が小学5、6年生ぐらいになったときに読んでくれる、という想定で書いています。

息子と、これから息子と関係していく方達に、何かの役に立ててもらうことができれば嬉しく思います。


Cut3

見えない「つながり」を想像してみよう

これから「世界をどう見るか?」という話を、したいと思う。

ずっと昔、世界はゾウやカメの背中に乗っていると考えていた人たちがいたらしい。だけど、今そんなふうに考えている人は、おそらくいない。もう少し進んだ時代では、世界は平らで、端から海の水がこぼれていると考えられていたそうだけど、今では「地球」という天体であるとされている。太陽が地球の周りを回っている(天動説)というのは勘違いで、本当は地球が太陽の周りを回っていた(地動説)。

これから話したいのは、そうした世界の見方の、いちばん新しいやつについてだ(なお「世界」の意味はちょっと変わって、地理的な意味での世界ではなく、世界中に暮らす人間の社会という意味での「世界」のことになる)。

私たちの社会は「ネットワーク」である、という発見がある。ネットワークといえば、インターネットがイメージしやすい。教科書に、世界中のパソコンやスマートフォンが通信回線でつながっているインターネットの絵が載ったりしているだろうか。

パソコンやスマートフォン、ゲーム機などの多くは、Wi−Fiでインターネットに繋がっている。目には見えないけれど、ネットワークでほかの機器と繋がって、ネットワークの中にある。

人間も同じだ。目には見えないけれど、私たちはみんな、家族や友達などと、つながり(関係)がある。なんなら、君の頭のあたりから何かヒモ状のものが伸びて、周りの人たちとつながっている様子を想像してみると、人間の社会ネットワークのイメージができあがる。 続きを読む


「社会ネットワークのひみつ」という文章を書いてみます

インターネットのコミュニケーションと社会的ネットワークに興味を持ち、学んだり体験したりしてきたことを、何らかの形でまとめておきたいと以前から思っていました。が、書こうと思うと書くべきことが膨大にある気がして、なかなか手を付けられずにいました。

20131025 11

が、「膨大にしない」ことを自分に課して、また、想定読者が定まらないと書けなかったので、「うちの息子が小学5、6年生になったら読む」という想定で、書き始めてみました。タイトルは親子2代でお世話になる、学研のひみつシリーズへのオマージュということで……。 続きを読む


災害などの緊急情報をプッシュ通知で受け取れる「Twitterアラート」始まる

Twitterがまた、情報インフラとしての存在感を高めるサービスを出してきました。日本気象協会、東京消防庁など8つのアカウントから、緊急時にプッシュ通知で重要なツイートを情報を受け取ることができる「Twitterアラート」です。

20130927 01

日本、韓国、米国の3カ国で「Twitterアラート」の提供を始めます。この機能は非常時のコミュニケーションを目的とし、信頼できる機関からアラートのマークを付けて出された重要なツイートをスマートフォンのプッシュ通知で受け取ることができるものです。
Twitterブログ: Twitterアラートが始まりました

国内ではスマートフォン向け緊急地震速報があったり、さらには国内だとLINEが首相官邸アカウントで災害情報の発信(LINEなのでプッシュ通知あり)を行ったりしているので、その対抗のような印象もあります。

ただ、LINEでは首相官邸アカウント以外に災害情報の提供などをするアカウントが充実する気配がありません。一方でTwitterは、日本気象協会(全国っぽい)、東京都防災(東京だけっぽい)、嘉悦学園(学校関係者だけ?)と、若干よくわからない感じながらも、ローカルなアカウントを徐々に増やしながらピンポイントな情報提供をしていこうという狙いのようです。 続きを読む


「高校生はネット規制法で、大学生になったとたん実名SNSやらネット就活やら求められるよ問題」を考える

今朝、気になるツイートを目にしました。学生に接する機会も多いであろう白田秀彰氏をして、それは今「なんかふと思った」程度のことなんだなあ、と。

この点は個人的には非常に気になっていることなのですが、何と言いますか、興味を持っていないと払っていない人と見えにくい部分ではありそうです。

例えば高校生→大学生で周囲はガラリと変わりますし、大人として、両方に接する機会を持つ人もかなり限られるでしょうから、両方を連続して認識する機会を持つ人も少ないはです。 続きを読む


3Dプリンター×盲学校で「さわれる検索」というソリューション

先日、ヤフージャパンが「さわれる検索」というサービスを発表し、ニュースになりました。3Dプリンターを利用して、検索結果が立体物として出てくるというものです。

さわれる検索 – Yahoo! JAPAN
20130919 01

ニュースをちらりと見たところでは「流行りの技術を利用したおもしろサービスか」ぐらいにしか思わなかったのですが、さわれる検索(上記リンク)で公開されているムービーを見ると、なるほどと唸りました。

盲学校に3Dプリンターというのは、ものすごく新しい可能性を拓きそうな組み合わせです。ヤフージャパン、マジヤバイ。パない。 続きを読む


Googleアナリティクスのレポートを簡単に見る、ブロガー必須のChrome拡張機能「Client for Google Analytics」

Googleアナリティクスのレポートは見たい。でも毎度ログインするのはめんどい、という人向けのアプリは複数ありますが、多くは有料です。

ですがGoogle Chromeの拡張機能として公開されている「Client for Google Analytics」は無料で、PV、検索キーワード(オーガニック検索)、参照元サイトなどをこまめにチェックしたいブロガーには、十分な機能を持っています。

Client for Google Analytics
20130911 01

インストールは、上記のページから行います。 続きを読む


「荒らしはスルー」が適切でない場面

「ネット選挙」解禁以降、ネットのルールが1段階変わったという印象を持っています。「ネットが(伸びしろたっぷり余白だらけの)フロンティアでなくなった」と書いたのは2012年の頭でした(実情としては何年も前からそうだったと思いますが)。

フロンティアでなくなったネットで、サスティナビリティについて考える :Heartlogic[旧館]

そして「ネット選挙」によって、ネットは明確に「伸びしろ」などないゼロサムゲームの場となったと感じます。 続きを読む


ブログ10周年に改めて「書く」ことの多義性を考える

「文章のみがき方」(辰濃和男)を読みました。

「毎日、書く」「書き抜く」「紋切り型を避ける」「辞書を手もとにおく」など実に真っ当な文章術、文章表現論でした。著者は朝日新聞社出身で、天声人語の担当も長年勤めた方だそうです。

文章のみがき方 (岩波新書)
4004310954

ただ、この本に書かれている文章とは、あくまでも伝統的な、ネット以前のメディアを前提とした文章術です。今の時代の「書く」ことや、書かれた「文章」は、このようなものばかりとは限りません。 続きを読む


「ブログ」の掴みどころのなさは奇跡的

「日本でのブログ10周年」ということで、先日は「ブロガーサミット」という大きなイベントが行われ、私は家庭の事情で行けなかったのですが、多いに盛り上がったようです。

その後、各所でブログ論的なものが語られているのを見つつ、いっちょ噛みしてみたいと思います。私が10年ほど「ブログ」界隈を見ていて、非常におもしろいと思うことが2つあります。

1つは、「ブログ」の要件は少しずつ変わりながら、何だかんだで定着していること。もう1つは、「ブログ」を批判したり、貶したりする言説が、ことごとく偏狭で屈折したものに見えてしまうことです。いずれも、他にはなかなかない特徴だと思います。 続きを読む


WordPress始めました

約10年お世話になったMovable Typeから、WordPressにブログのシステムを乗り換えました。

20130828 01

Movable Typeからパーマリンクを保持したままの記事データ移転も比較的簡単にできるようですが、当ブログも2014年1月で10周年の節目となり、身軽になって出直したいなという気分になってしまったので、これまでの記事は引き続きMovable Typeに入れておくことにしました。 続きを読む