「 デジタルガジェット全般 」一覧

人工知能のコンテンツとコンテクスト

私たちはコンテンツとコンテクストを同時に消費している。たいていのモノの評価は、そのモノ自身だけでなく周辺の情報と総合した結果として下される。

いわゆる「ラーメン屋の客は情報を食ってる」というのも一例であり、飲食店の評価は、店について語られるエピソードや他人のレビューや店内の接客態度にも左右される。佐村河内守の音楽などもわかりやすい例だ。アイドルがさまざまな企画でエピソードを増やし、広めようとするのは、もはやそれ込みでコンテンツか。

人工知能が作った音楽を、人間が作った音楽と同様に鑑賞できるか? という話題がある。「人工知能が著名な音楽家のパターンを学習して作った曲です」と言われても音楽への純粋な欲求よりも好奇心が強く刺激されてしまい、コンテンツを純粋に楽しめる気がしない。

では、例えば小説を作る人工知能と組み合わせて、コンテクストと共に音楽がプロデュースされたらどんな感じになるのだろうか。「モルダウのほとりで半年間水や風の音を学習し、生まれた曲です」とかね。何なんだそれ。

人工知能はどのようにプロデュースされるか?

「人工知能が作った」でニュースになる時代が過ぎ、それでも人工知能がそれなりのコンテンツを作れるのだとしたら、その人工知能は架空の新人としてプロデュースされ、豊富なコンテクストと共に愛され、そしてどこかで華々しくネタバラシが行われたりするのではないだろうか。

むしろ今すでにそういうのが仕込まれているのではないか。よくわかんないけど。囲碁や将棋のAIは、すでにコンテクストをたっぷり背負ってると言えなくもないか。

クラシックの「誰々の○番」という絶対音楽は、題名は付けないので音楽を純粋に鑑賞してくれというものらしいので、人工知能が作曲するというのは一周回っておもしろい状況なんじゃないかとも思える。

で、人工知能が作曲してくれるサービス「Jukedeck」で作曲を頼んでみた。

Jukedeck – Create unique, royalty-free soundtracks for your videos.20161003-01

「PIANO」「MELANCHOLIC」「4:33」と指定したらできあがったのが、「Zany Moon」(おどけた月?)という曲。悪くないけど、なんかタイトルが付いてるけど、コンテクストは何もない。

シェアするときにも「人工知能が作ったよー」ぐらいしか話題がなくない? 音楽ライターが「この曲のレビューを書いてくれ。ただし人工知能云々には触れずに」と依頼されたら、どういうことを書くんだろう?


Radikoのデータ通信(パケット)量はどれくらいか?

以前、Ingressを始めたばかりの頃まではよくiPhoneでRadikoを聴いていたが、パケット使い放題でなくなり、実際RadikoとIngressが主な原因で速度制限を食らうようになってからは、アナログの携帯ラジオに逆戻りしていた。

が、それも面倒といえば面倒であり、Pokémon GOでヘッドフォンをiPhone側に取られるようになったこともあって、Radikoは実際どれくらいのデータ通信量になるのかを調べてみた。

Radikoを付けっぱなしにしてデータ通信量を見てみると、だいたい15分で5~8MB前後、1時間で20~30MBといった感じ。一度15分で50MBぐらいになって驚いたが、番組表などを表示させると意外とデータを食うという話もあるようで、そうした関係かもしれない。

おおよそ、TBSラジオ固定で1日1時間×30日聴くと1GBぐらいに達するかも、という感じか。1GBの余裕を見ておけばいい、と考えて、Radikoを使うようにしてみようと思う。

実際のところ、Radikoは音質がよすぎるので、AMラジオ程度の音質でデータ量を抑えられるといいのだけど(デジタルでそれっぽくするのはかえってデータ量が増える気もするが)。格安SIMの低速モードで問題なく聴けるかどうかも確認してみたいところ。


お台場の「VR ZONE」へVR体験に行ってきた、が…

VRを一度ぐらいは経験せねばと、お台場の「VR ZONE」に行ってきました。

▼公式サイト
VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ

20160810-02

だけど、ぜんぜんわかりませんでした。

1つ思い出した重要かもしれないことに、私は3DドライブゲームとかFPSの類がド下手だったということがあって、ボトムズもただただ粗いドットがうねうね動いているようにしか見えず、撃った弾はなぜか床に当たりまくり、スキーのVRシミュレーターをやっても、傾斜の具合とか自分の加速状況とかがさっぱりわからない。退場。

これが自分の認知能力だか何かの欠如によるのか、VRは(またはHTC Viveは?)映像としてはその程度のもので、普通の人は情報処理能力や運動能力が高いだけなのか、よくわからないなあ。

20160810-03

もう1つよくわからないのは、ボトムズのシミュレーターの係の人が終始一貫してATないしスコープドッグのことを「ボトムズが起動します」「ボトムズで戦います」のように呼んでいたことで、ユーザー層的にボトムズもリアルタイムで見ていたマニアが多かろう中で、高橋伸輔の色紙まで飾られている中でなぜ? 私が何か勘違いをしているのか?? と別の意味で取り乱しかけました。

私にはVRがわからないのか? ホラーのやつならもっと没入できたのか? 1週間後に本物のVRを見せてくれる人物が登場したりしないのか? と、非常にスッキリしない気持ちになりました。


防水Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore Sport A3182011」を買った

以前から使っていた風呂用スピーカー「YBP-22BT」が壊れてしまったので、新しいBluetooth防水スピーカーを買った。

選んだのはAnkerの「Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー A3182011」。Amazonで見るといつのまにか防水のBluetoothスピーカーはけっこう数がそろっていて、どれも良さそうな感じであったが、IPX7(水に浸してもOK。水深1mに30分まで耐えられる)という他機種にない高い防水性能に惹かれて選んだ。

実は前のスピーカーは落として壊してしまったので、防水性にそこまでこだわる理由もないのだが…。コンパクトでシンプルだったことも大きい。

20160629-12

実際に使ってみると、前に使っていた「YBP-22BT」と比べ段違いに音質がよくて驚いた。取り回しも容易だし、コンパクトでヒモ(?)が付いているので適当なところに引っ掛けておける。周囲がゴムのようで、多少落としても壊れないだろうと思われる。実にいい。

ただ、YBP-22BTはスピーカー側で再生/停止/前後の曲などの操作ができたのだけど、Ankerのこちらはできない。そのため操作がスピーカー側で完結しないのが少々面倒ではある。風呂に入る前にiPadとペアリングし、Radikoを起動するなり音楽を再生するなりしてから入るようにしている。

問題は、息子に目をつけられないようにするにはどうするかだが…。目をつけられると面倒なので、当面はこっそり使おう。


ついにAmazonの軍門に降る。または公共サービスとしてのAmazonプライムについて

Amazonは自社商品の在庫情報もアバウトなのか……。

ずっと「12月23日入荷」だったはずのFire TV Stickが先日ちらと見たら在庫復活のうえに値引きまでしていたので、買った。Amazonプライムにも入った。

20151223_11-fire-tv-stick

セットアップしてみると、最初から自分のAmazonのアカウント情報が入っている。なるほど「テレビに刺すだけ」を謳っているだけあって、気が利いている。プレゼント用にするなら問題では…とも思ったが、プレゼントに向く商品でもないか。ユーザーは実質的にAmazonプライム会員だけなんだろうし。
続きを読む


Amazonに囲い込まれ損ねる(Fire TV Stickを買い損ねる)

まるで整理できていないメモ的な内容です。

iPadを家族共用にしようと思う

コトの始まりは、進研ゼミの「ハイブリッドスタイル」(紙+デジタル教材)をやるにはiPadが必要だという話から。

進研ゼミプラス小学講座

4月から「チャレンジタッチ」から「ハイブリッドスタイル」に乗り換えたい、とのことで、ならばとiPad mini 2を家族共用にすることにした。たいして使っていなかったし。
続きを読む


「MISFIT SHINE」セットアップ。普通の腕時計より軽く装着して気にならない感じ

前回の続き。活動量計&時計の「MISFIT SHINE」試用のため預かった個体に初期不良があったため、交換していただいた。

▼前回
干渉せず24時間ユーザーを見つめるウェアラブルのあり方とは? 「MISFIT SHINE 2」説明会 | Heartlogic

20151203-13
まずはセットアップを始める。App Storeで「MISFIT」をインストールし、起動すると、果てしなくリア充なビジュアルと共に新規登録を求められるので、ログインかMISFITのアカウントを作る。次いで性別、生年月日、身長、体重の入力を求められる。

20151203-14
次いで「ゴール」の設定。要するに1日の運動の目標を松茸梅の3段階から選べ、というもので、デフォルトの竹(アクティブ)とする。
続きを読む


干渉せず24時間ユーザーを見つめるウェアラブルのあり方とは? 「MISFIT SHINE 2」説明会

この時期の、都営地下鉄の駅が好きだ。本格的な冬になる手前のほどよい緊張感のある冷気が頭を冷やし、オフピーク時間帯の閑散とした薄暗い構内に、カーンともキーンとも違う、何とも表現の難しい無機質な音が定期的に響く。

無関心で満たされていながら、頼れる緻密なシステムの存在を感じさせるあの空間にいると、ものすごく落ち着く。

昨今のウェアラブルデバイスは「自分好き」のためのものだと思う。もちろん悪いことではないが、自分好きでない私にはどうも乗れない。

20151127-02

活動記録の類はいろいろ試してみたけれど、「自分をかまう」という発想がなかなか出ない私にとっては、データを取っても活用しないので意味がなく、どうにも過干渉に感じる。

それに、連中はやいのやいのとデータを見せてくるだけで、困ったときに頼れるわけではない。「この睡眠時間だとそろそろ壊れるのでは?」というときにアプリのログデータを根拠にすればすんなりと休暇を取れるだろうか? そんなわけない。

結局は自分で何とかしないといけないのなら放っといてくれよ、という気分になってしまうのである。こうして書いてみると、我ながらどうしようもないな。

そんなことを考えながらも、2016年1月の発売が予定されているウェアラブルデバイス「MISFIT SHINE 2」のブロガー向け説明会に参加してきた。何のかんの言っても新しいものが気になるのと、ウェアラブルデバイスのメーカーは現在どんなことを考えて製品やサービスを提供しているのか、聞いてみたかったためだ。自分が大好きで自分のデータをチェックしまくりたい人向けなのか、そうでない何かがあるのか?
続きを読む


iPhone 6sで従来の使い方を改善するTouch IDと、新しすぎて使いこなせない3D Touch

iPhone 6sが思った以上に使い心地がよくて、気に入っている。何と言っても優秀なのが(今更ながらだけど)Touch IDで、「スライドしてパスコードを入力」という操作をショートカットできることで、こんなに気持ちよくなるのかと驚く。

考えてみれば「ホームボタン押す→スライドする→パスコード4桁入力」の6手を「ホームボタンを指紋を登録している指で押す」の1手に短縮できているのだから、インパクトも大きいわけだ。従来の使い方を確実に改善する機能で、わかりやすい。

一方で、現在のところまったく使いこなせていないのが3D Touch(Taptic Engine)で、「既存のものをよくする」性格のものではなく「新しい使い方を提案する」ものなんだけど、

・peek(軽く押し込む)やらpop(深く押し込む)のためにiPhoneの持ち方を変えないといけない場合が多い
・「押し込む」ってダブルタップより遅いよね?
・押し込んで対象が浮き上がるエフェクトが微妙に遅くて気になる。結果的にタップして戻った方が早いと感じる
・現状ではたいていタップした先の情報が表示される程度の操作しか割り当てられていない
・押し込んだ指の影になって見えない部分がある。指を離すと戻ってしまうので超困る
・ショートカット系にはあまり利用頻度の高い機能が見当たらない

と、ついて行けてない感が激しい。
続きを読む


iPhone 6sのCPUにはSAMSUNG製とTSMC製の2種類があるとの話

iPhone 6s/6s PlusのA9 CPUはSAMSUNG製とTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)製の2種類があり、SAMSUNG製は明らかにバッテリーの持ちが劣るとのこと。既にあちこちで話題になっているが……。

プロセッサーによって性能差が生まれるのではないか? そう思ったユーザーたちは、まず自分のiPhoneがどちらのプロセッサーなのか確認する術を探し出します。簡単なのはAppStoreにあるシステムの情報が見えるアプリ「Lirum Device Info Lite – System Monitor」で、インストールして起動するとプロセッサーのモデル名が確認できます。
「うわ…私のiPhone 6s バッテリーもたない?」 CPU違いの6sでバッテリーベンチをしてみました – Engadget Japanese

20151004-01-iphone6s-cpu

ということで調べてみた結果、私のiPhone 6sはTSMC製だったようだ。買い換えてからバッテリーの持ちはかなりよくなっていると感じているし、これといって発熱が気になることもない。ひとまず安、だが、リンク先によるとバッテリー駆動時間に1.5時間程度の差が出るものを「同じ製品」とするのは、自分がSAMSUNG製を引いていたら納得できなかったと思われる。