「 その他 」一覧

【今日の表紙買い】「夏が、僕らの世界を見ていた」。買うのに勇気がいる表紙

夏休みモノ(というジャンルが確立されているのか知らないが)、大好きです!

20151129_11-natuga

でもこの本は、買うのをかなり躊躇した。結局買ったのは、ブログのネタになるし~と思った(そもそも「ちょっと気になる」レベルのマンガを買う踏ん切りが付かないことが多いので、このカテゴリーを設けたのだった)のと、見かけた書店に手書きPOPで「ノスタルジックで素敵なマンガ」と紹介されていたためなんだけど、このご時世にスクール水着ってノスタルジックというよりも……まあいいや。
続きを読む


【今日の表紙買い】少女終末旅行(1)ゆるい。

往年の佐藤明機氏のようなテイストを感じて購入。

20151108-h21-shojo-shumatsu-ryoko

「ほのぼのディストピア・ストーリー」って何よ、「ラブラブ連続殺人」もありかよ? と思わせるキャッチコピーが端的に表すように、文明崩壊後とおぼしき(特に説明はなかった)廃墟を装甲車「ケッテンクラート」に乗った2人の少女が旅するという設定。

背景世界の説明はないがケッテンクラートの解説は巻末にある。実在した装甲車だそうだ。ケッテンクラートって「げんしけん」に出てなかったっけ? という程度のミリタリー知識でなんかすいません、と思いながら読んだ。

昔、伊集院光氏のラジオで「ないないあるある」というコーナーがあった。「あり得ないシチュエーションでのあるある」を募集し、例えば「服の代わりに全身にピーナッツバターを塗っているときのあるある」というお題に「アリが寄ってきて困る」みたいなネタ(実際にこういうお題やネタがあったかは覚えていない)が集まってくるんだけど、それと似たノリを感じた。常識外れの前提を当然のように飲み込んだうえで、常識的な感覚は失わずに楽しむ。まあ、フィクションはどれもそうか。

冒頭に佐藤明機氏のテイストを感じたと書いたけど、ページを開くとそんなことはない。佐藤氏のような猛烈な背景の書き込みはなく、建物やメカ含め、かなりの割合の線が(全部ではない)フリーハンドで描かれているんじゃないかな。キャラクターの表情も終始ほやーんとしていていゆるい。最初の何ページかは物足りなさを感じたが、目が慣れれば、ゆるめもまたよし。


高木いくの新曲「薫」のCDが届いた

高木いくの商店から荷物が届いた。

[Music] 高木いくの Official Website

20151024-10

元Jungle Smileの高木いくのさんは、現在新潟県妙高市で(農業を半分しながら?)活動なさっており、新曲はCDで昔ながらの銀行振り込み→郵送による通信販売が行われている。その屋号が「高木いくの商店」である。妙高は私の実家の近く(埼玉に例えると所沢市と秩父市を「近く」と呼ぶ程度の感覚でよければ)であり、なんとも不思議な感じがする。

20151024-11-kaoru

いろいろ落ち着いてから注文しようと思って、先日ようやく注文したのだった。中のCDは紙のケース。

20151024-12

中には1枚を二つ折りにしたライナーノート(というよりも歌詞カード?)とCD。ライナーノート(仮)には一筆手書きのメッセージ入り。収録曲は「薫」とインストゥルメンタル版の「薫」

これば、春の始まりの曲だ。いやまあ単純に「マフラー」と詞にあったのと「薫」の語からの連想なんだけど。

いろいろあったし、これからもいろいろあるだろうけど、季節も変わるし、これからもやっていこう。今は幸せ。たぶん、そんな気持ちが乗った歌だ。


【今日の表紙買い】だがしかし(1) きな粉やアイスの汁にやられるヒロインを観察するマンガ

だがしかし。駄菓子菓子——。誰もが一度は口にしたことがあるだろう駄洒落(駄洒落か?)を堂々とタイトルに付けた胆力に押され、手にとってみた。

20151023-01-dagashi-kashi

ふーん、で一度棚に戻したが、「ベタな駄洒落にあえて挑んだ作品をふーんで済ませたヤツ」になってはイカンのではないか? と思って購入。うまい棒のアイツのオビが巻かれているのも気になった。

何となく面白い。つまらなくはない。でも、よくわからない。駄菓子の蘊蓄が飛び出すのがウリのひとつなんだろうけど、その蘊蓄がWikipediaレベルというか、どこかで見たことがある、実際ググれば出てくる内容なので、どうも盛り上がりに欠ける。

とはいえ、考えてみれば駄菓子の情報などすでにネットにネタが上がりまくっているうえに新ネタが次々生まれるわけでもないし、しかたがないところか。メーカーに取材しても今以上の情報はないのかもしれないし。

では何が引っかかって面白いんだろう? 駄菓子といえば小学生向けのイメージだが、15歳男子を主人公に、ちょっと年上設定のヒロインとのドキドキする関係、というところが本作のスパイスになっている。決して読んでいて「駄菓子を食べたくなる」感じではない。水着などがちょいちょい出てくるが、そういうストレートなお色気シーンは刺身のツマ程度の扱いでしかない。しかし、駄菓子を食べるシーンの描写には、フェティッシュな情熱がたっぷりと注ぎ込まれているのを感じる。

たぶん本作は、駄菓子そのものよりも「思春期の女の子が夢中になって駄菓子を食べる仕草」を観察するためのマンガなのだ。

考えてみれば「きな粉でブラウスの胸元を汚したり、口の周りをスナック菓子の粉だらけにしたりしながら微笑む年上のお姉さん」にお目にかかるなど少年時代を通り過ぎてしまった者にはまず無理で(そして小学生ぐらいにはその価値を理解できず……いや、大人になったら価値を感じるのかどうかもよくわからなくなってきたが)、まさにマンガでないとできないことなのではなかろうか。なんとニッチなところを突く作品なんだろう。


【今日の表紙買い】くまみこ(1) 思わぬピンク成分に戸惑う

カバーイラストに惹かれて、まさに表紙買い。主人公の女の子は可愛らしく、ちょっととぼけた表情の熊もいい。柔らかなゆらぎのある線が好みだ。

山奥での巫女の女の子と熊のハートフルストーリーかな? と思わせて、なんというか、表紙からはいっさい匂ってこないお色気成分? いやちょっと違うな、ピンク成分とでも言っとくのが適当な要素がこってりと盛り込まれていて驚いた。 続きを読む


2015年の抱負「整理整頓」

先ほどテレビで「戦闘中」という番組を見ていたとき、ちょっと驚くほどセコく、かつ卑怯な作戦を取ったタレントに対して最初に出てきた感想が「これはTwitterで炎上するな〜」だったのが我ながらイヤでした。

タイムラインで自分がフォローしている人は誰も「戦闘中」を見ていなかったようだったけれど、検索してみたら案の定批判・罵倒のコメントが大量に発見でき、今のインターネットはやっぱりこうなるよね、と再確認というか何というか。 続きを読む


今だから読みたい「DASH村開拓記」

かなり前に妻が買ってくれたもので、ちらと眺めて本棚に置いたままにしていました。それが、時が過ぎた結果いろんな意味を持ち、うっかり捨てられない本になってしまいました。

20140611 01

「The 鉄腕DASH」で「DASH村」プロジェクトが始まったのは2000年の夏。本書は2002年の発売で、2002年の春までのDASH村の様子を掲載しています。 続きを読む


散歩の達人「東京遺産」特集と下町の大衆食堂グループ「東京ときわ会」

「散歩の達人」2014年6月号の特集は「東京遺産」として、「100年先ものこっていてほしい」という東京の店やスポットを紹介しています。その大衆食堂部門(?)で載っていたのが、ときわ食堂でした。

20140607 01

巣鴨のときわ食堂はやたらとメディア露出が多く、よく行列もできているようですが、個人的には、ロケーション(“おばあちゃんの原宿”こと巣鴨地蔵通りにある)が抜群であっても、料理そのものは特別称賛するほどではないという印象でした。 続きを読む


収納不足を補う「突っ張り式クローゼット ティーダ」を購入

引っ越した部屋にはクローゼット的な収納がないので、検討の結果「突っ張り式クローゼット」なるものを買ってみることにしました。ポイントは、

  • 必要がなくなったら簡単に捨てられる
  • 地震に強い
  • スペースを有効活用できる
  • カーテンで隠して部屋がスッキリ

というところです。

ハンガーラック 収納家具 洋服収納 つっぱり式クローゼット ティーダ シンプル【

箪笥やクローゼットの類をこれ以上買いたくなかったので、次の引っ越しときにはバラして簡単に捨てられる(金額的にも労力的にも)、という点を重視しました。また、突っ張り式で製品自体も軽いので、地震による倒壊を心配する必要もないでしょう。たぶん。 続きを読む


頑丈な部屋干しグッズを求めて「アイリスオーヤマ 伸縮多機能物干し SMH-150」を購入

引っ越してから、室内で洗濯物を干すための物干し台を新調しました。

以前の部屋では「X」字に開けるタイプの製品を使っていたのですが、「X」の中心部分に負荷が集中するようで(そりゃそうだ)じきに壊れてしまいました。

最後の致命傷が来なかったので、だましだまし使っていたのですが、引っ越したので今度は同じ轍を踏まないヤツを買いましょう、ということで見つけたのが、こちらです。

【全国どこでも送料無料】物干し 室内 ベランダ 室内物干し 物干しスタンド 洗濯物干し アイリスオーヤマ 伸縮多機能物干し/室内物干し SMH-150

直立する2つの「コ」の字が寝た形の物干しを繋いでいる感じなので、どこかに負荷が集中するということはなさそうです。妻が必要としていた条件「布団2枚を干せる」もクリアでき、エアコンや除湿器で風を当てるときの通りもいい感じです。 続きを読む