ミュシャ展で「スラヴ叙事詩」を見て戸惑う

新国立美術館で2017年6月5日まで開催している「ミュシャ展」に行ってきた。見どころはミュシャ晩年の超大作「スラヴ叙事詩」全20枚揃っての初の海外展示ということで、これは万難を排して見に行かねば! と。


※これは撮影可エリアの写真

公式サイトからスマホ用のオンラインチケットを購入でき、入場時にご丁寧に半券(物理チケット)をいただけるので、おすすめ。

▼公式サイト
ミュシャ展

万難を排して見に行き、その壮大さに圧倒されてきたのだけど、一方でなんかこうモヤッとしたものもあったので、記録として書いておく。

入ってしょっぱなにスラヴ叙事詩、そのあとでお馴染みの(「ジスモンダ」などの)作品という構成はどうなんだろう? 正直、久しぶりの美術展でいきなりバカでかい絵を見て、その後普通のサイズの絵という感じになったので、なんというかサイズ感が狂うというか、順番的には反対の方がもっとおいしくいただけたじゃない? みたいな感じがある。会場のレイアウトの都合上しかたないんだとは思うけど。

現代の日本で暮らしていると「スラヴ叙事詩インスパイア系」の絵に大量に触れることになり、どうもオリジナルを前にして「どっかで見たな…」という感じがしてしまう。こういう話はTwitterでも目にしていて、それは後世の絵描きが画法をブラッシュアップして取り入れているからだろうけど失礼な話だなあ…と思っていたのだけど、実際見てみると確かにそんな感想が出てくるのを止められなかった。個人的な印象としては、群像を描いた絵などは「コーエーのゲームのパッケージっぽい」という印象がものすごかった。

アール・ヌーヴォー調の絵の中でミュシャの作品には他者には真似しがたい品のよさや精緻さを感じるが、スラブ叙事詩の油彩画からは、あんまりそういうものを感じなかった、ということがあるかもしれない。

何か今の自分にない鑑賞のポイントを発見したら、もう一度行ってみたい。

ところで巨大な「スラブ叙事詩」は巻いた状態で運ばれてきたのだとか。公式Twitterより。

ミュシャ展の公式サイトでは、作品を展示する作業の動画も公開されいる。