日本でいちばん面積の小さい都道府県は大阪府じゃなくて香川県

日本でいちばん狭い都道府県は香川県だということを、つい先日知った。

息子に買ってあげた本を何の気なしに読んでいたら、ヒントに「オリーブで有名」とか書かれていて、えっ大阪ってオリーブよりはたこ焼きでしょ? とか混乱した。しかし香川なら香川で、うどんでしょ?

私が地理トリビアみたいな本を読み漁っていたころは大阪府だったはずだが、どうも1988年から香川県ということになっていたらしい。なんと30年近く知らなかったのか! と、知識をアップデートしないことの恐ろしさを思い知ったのだった。

面積が逆転した理由については、こちらが詳しい(東京書籍の「東書KIDS」内)。

この結果,井島の香川県側と岡山県側の境界が不確定の ままであることが判明し,香川県の行政面積からこの井島を含む香川郡直島町の面積14.2km2を削 除(さくじょ)することとなったのです。
香川県

中途半端に引用したが、岡山県と香川県のそれぞれに属する自治体のある「井島」という島があり、漁業権の問題などから互いが主張する境界が食い違っている。面積を計算する基準の地図の精度を上げたときにこの自治体の面積を加えるのをやめたら、香川県の方が面積が小さくなっちゃった、ということらしい。これがなくても関西国際空港による埋め立てで大阪が逆転したという話もある。

まあしかし、両府県とも非常にキャラが立っているし、「最小」かどうかなんて、ネガティブにもポジティブにもどうでもよさそうではある。仮に大阪や香川の人と話すことになっても、まず面積の話はしないだろうし。

1988年当時「鎌倉幕府成立の年が変わりました」ぐらいのニュースになったのかどうかもまったく記憶にないが、とにもかくにも、息子にしたり顔で間違った知識を伝えてしまうという失態をかます前に気付けたのは、まあよかったということにしたい。学研さんありがとうございます。