お台場の「VR ZONE」へVR体験に行ってきた、が…

VRを一度ぐらいは経験せねばと、お台場の「VR ZONE」に行ってきました。

▼公式サイト
VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ

20160810-02

だけど、ぜんぜんわかりませんでした。

1つ思い出した重要かもしれないことに、私は3DドライブゲームとかFPSの類がド下手だったということがあって、ボトムズもただただ粗いドットがうねうね動いているようにしか見えず、撃った弾はなぜか床に当たりまくり、スキーのVRシミュレーターをやっても、傾斜の具合とか自分の加速状況とかがさっぱりわからない。退場。

これが自分の認知能力だか何かの欠如によるのか、VRは(またはHTC Viveは?)映像としてはその程度のもので、普通の人は情報処理能力や運動能力が高いだけなのか、よくわからないなあ。

20160810-03

もう1つよくわからないのは、ボトムズのシミュレーターの係の人が終始一貫してATないしスコープドッグのことを「ボトムズが起動します」「ボトムズで戦います」のように呼んでいたことで、ユーザー層的にボトムズもリアルタイムで見ていたマニアが多かろう中で、高橋伸輔の色紙まで飾られている中でなぜ? 私が何か勘違いをしているのか?? と別の意味で取り乱しかけました。

私にはVRがわからないのか? ホラーのやつならもっと没入できたのか? 1週間後に本物のVRを見せてくれる人物が登場したりしないのか? と、非常にスッキリしない気持ちになりました。