台湾の日本旅行誌「飛鳥旅遊誌」に以前に撮った小樽総合博物館の写真が掲載

台湾の旅行会社「飛鳥國際旅行者」が刊行している日本旅行の雑誌(?)「飛鳥旅遊誌」に、Flickrで共有していた小樽総合博物館の写真を使っていただいた。

▼雑誌のサイト
ASUKA TRAVEL 飛鳥國際旅行社 | 幸.福.的.感.覺.在.飛.鳥 |

Flickrは最近めったにログインもしないでいたんだけど、たまたま送られてきた使用依頼のメッセージをタイミングよく見ることができ、できれば紙面のPDFを送ってほしいと依頼したら、丁寧にも送っていただきました。ありがとうございました。日本旅行の雑誌がこんなふうに成り立っているなんてすごい。

5月号の特集は北海道の鉄道で、北海道の2大鉄道博物施設として、三笠鉄道村(こっちは行ったことがない)と小樽市総合博物館が紹介されている。掲載ページはこんな感じ(p.99らしい)。

20160609-01-taiwan-asuka

三笠鉄道村へようこそ 北海道の大自然の中で鉄道を体験しよう! -三笠市幌内町
小樽市 :小樽市総合博物館

妻が小樽出身なので小樽は何度も行っているし博物館も何度か行った。いい時代に積み重ねられた文化の香りが街中から漂う、とてもいい町だと思う。妻から聞いた話では岩井俊二監督の映画「Love Letter」のヒットの影響もあって、台湾から(台湾に限らないかもしれないが)の旅行者は多いのだという。だいぶ前に1回観たきりだけど、いい映画だった。

検索してみると、いろいろと逸話もありそうだ。こんな話とか。

台湾の監督が小樽ロケ! | スタッフブログ | 北の映像ミュージアム

今月末にIngressのアノマリーがまた台湾であった気がするので、行かれる方はぜひ書店で見てきてほしいです。

▼以前に書いた記事
「小樽市総合博物館」は展示されている列車の数が異常 :Heartlogic[旧館]