ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が悪くないというか面白い

どんな感じだろうか……とおそるおそる見てみた日曜夜のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」が面白い。火村役の斎藤工さんは明らかに色気と生気がありすぎだが、「自分の世界に入り込り込む変人」というラインをしっかり押さえているため、なかなかに火村だ。

窪田正孝さんのアリスは原作で想像していたイメージとぜんぜん違うが、狂言回しとしてうまく機能していて、まあ悪くない。関東人なのでよくわからないが、関西弁は怪しい気がする。

▼関連
有栖川有栖「作家アリス」シリーズをキャラ押しで新装した「火村英生の推理」が実写化

4041005116

と、漠然と眺めている程度なのだが、角川ビーンズ文庫版が元だけあって、なんかそういう感じのネタが大量に仕込まれているらしい。

そういえばチョイ役にイケメン揃い過ぎでは? という気はしていた。なるほどなーと膝を打ったのは第2回の犯人役で、どこかで見た顔だとずっと思って見ていたのだが、仮面ライダーメテオだったのかホワチャーだったのか! と。メテオもなんか油断ならない狡猾な感じのキャラでしたね当初。

B006OVJ2AS

あとは、これに尽きる。