有栖川有栖「作家アリス」シリーズをキャラ押しで新装した「火村英生の推理」が実写化

有栖川有栖氏は硬派な本格ミステリ作家であるが、ペンネームの印象から、ふざけた作風の作家だと思われている方も多いのではないかと思う。というか、私自身がそう思って長く関心を持たずにいたのだが、近年では一番好んで読んでいる作家である。

氏の代表作には「学生アリスシリーズ」と「作家アリスシリーズ」の2つがあり、どちらも語り手は「有栖川有栖」という登場人物。前者のアリスは学生で、推理小説研究会の先輩である「江上二郎」が探偵役。後者のアリスは作家をしており、学生時代からの友人であり、大学で犯罪学を教える「火村英生」が探偵役となる。

火村英生は犯罪学を教える傍ら、しばしば探偵的役割で警察の捜査に協力し、「臨床犯罪学者」と呼ばれる。

スポンサードリンク

ミステリを論じるほどの知識はないが、学生アリスシリーズは閉ざされた領域を作ってその中で次々と人が殺されていく、いかにも本格といった作風の長編が中心。作家アリスシリーズは長編から短編、本格ものから軽いものまで、さまざまな作品がある。

有栖川氏の作品すべての特徴として、本格ミステリへの深い造詣と、ある種の「照れ」のようなものがあると思う。学生アリスではサークルのメンバーが、作家アリスではアリス自身がミステリを語れるキャラクターであることから、しばしば小説内でミステリ論を開陳し、私などはへへーと感心しながら読む。

一方で、江上、火村という探偵役のワトソン的存在に自分と同じ名前の人物をしれっと置き、単なる先輩後輩や一般的な友人関係の範囲でない親愛の情があることを匂わせながら、はっきりと描くことはないという、パロディ同人作家が黙ってねーわという演出をやってくる。

腐女子(?)でない自分のような読者でも、ヤキモキさせられる部分がある。個人的にはあまりベタをやりたくない照れのようなものにも感じられるが、そこまで込みでの計算なんだと言われても、納得できる。

そんな「作家アリス」シリーズという呼び名は有栖川有栖ファンの間でしか通じないだろうが、火村英生の名前を立て、表紙をなんかもう直球でそういう感じにした「臨床犯罪学者・火村英生の推理」シリーズが、数年前から角川ビーンズ文庫(少女向けライトノベルのシリーズとのこと)で出ていたのは知っていた。

ビーンズ文庫は読んでいないが、さすがに同名の作品の内容は同じだろう。もしかしたら作者からのビーンズ文庫版コメントとしておもしろいことが書いてあるかもしれない。気になってきた。

ちなみに「ロシア紅茶の謎」は漫画化もされているらしい。

で、その「臨床犯罪学者・火村英生の推理」が2016年1月17日から日本テレビでドラマとして放送されるという。

20151001_04_himura-drama

火村英生役が斎藤工さん、有栖川有栖役が窪田正孝さん。私の中の火村とアリスはどちらも34歳独身の枯れ切った男だが、お2人とも色気や艶気がありすぎで、だいぶイメージが違う。

もちろん、オリジナルの翻案のさらに翻案みたいなもので、有栖川有栖ファンとしては別モノとして捉えるべきなんだろうと思うが、ちょっと気になるので見てみようと思う。Wikipediaで見る限り、氏の作品の映像化はずいぶん久しぶりのようだ。

有栖川有栖 – Wikipedia