LAVIE Direct HZ「NXパッド」の最適な設定を模索

MacBook Airから乗り換えた「LAVIE Direct HZ」のポインティングデバイス「NXパッド」の設定を調整しながら試行錯誤している。それなりに意図通りの操作ができるようになってきた感があるので、設定をメモしておく。

LaVie Direct HZ(NECの直販サイト「NEC Direct」で見る)

NXパッドの設定画面は、コントロールパネルのマウスのプロパティか、タスクトレイのNXパッドのアイコンを右クリック→「マウスのプロパティ」→「NXパッド」→「オプション」で開く。

「基本」タブ

20151223_21-lavie-direct-hz-nx-pad
まず「タッピング」を無効にする。これは軽く触れる程度の操作を指しているようだが、意図せず判定されることが非常に多かった。不慣れな(買って間もない)ユーザーが触れる環境でこれがオンなのって、誤操作が増える→満足度の低下に繋がってあまりいい設定だとは思えないんだけど、どうなんだろうか。「ドラッグ&ドロップ」「エッジスクロール」も無効。「クリック」も1本指と2本指だけにしておく。

「拡張」タブ

20151223_22
「スクロール」以外は無効に。Macでも多用していた2本指スワイプでのスクロールが使えるのは便利だ。

「追加」タブ

20151223_23
「パーム測定」と「感度」は真ん中から1つ高め。「スマートモーション」は無効。クリックの感度がやや鈍いと感じられることもあるが、意図せず何か操作してしまったことになるよりは快適だ。

結局、確実に使う機能だけ有効にして、ほかはひととおり無効にしてしまうのが使いやすい。あまり固有の環境に依存した操作に手癖を最適化してしまわないほうがいい、というと聞こえがいいかもしれないが、覚えきれないということもあるし、とにかく意図しない操作が起こらないようにしておきたい。

▼関連
NECノートパソコン「LAVIE Direct HZ」設定・レビューまとめ
薄型・軽量ノートパソコン「LAVIE Direct HZ」のACアダプターを携帯しやすくする
Windows 10のタスクビュー/仮想デスクトップで狭い画面を効率よく使う