Windows 10のタスクビュー/仮想デスクトップで狭い画面を効率よく使う

大型モニター環境ではあまり必要性を感じないが、画面が物理的に狭いノートパソコンでは、狭さを補うために「仮想デスクトップ」機能で複数のデスクトップを切り替えて使いたくなる。Windows 10では仮想デスクトップが標準になっているので、今更ながら使い始めた。

20151220-23
タスクバーのこのアイコンをクリックして、タスクビュー(ウィンドウや仮想デスクトップの管理画面)との切り替えを行う。操作性は違うがMacのMission Controlと似た感じで、わかりやすい。

スポンサードリンク

なお「Windows」+「Tab」キーでもタスクビューを表示できる。

20151220-22
タスクビューはこのような感じ。デスクトップごとにウィンドウ(タスク?)の一覧があり、デスクトップを切り替えればウィンドウの一覧も切り替わる。ウィンドウを別のデスクトップにドラッグして移動させることもできる。

あとは、関連するショートカットキーを覚えておきたい。以下にメモする。

デスクトップ
「Ctrl」+「Windows」+「←」「→」 仮想デスクトップの切り替え
「Windows」+「Tab」 タスクビューの表示/デスクトップに戻る
「Ctrl」+「Windows」+「D」 新しい仮想デスクトップを作成
「Ctrl」+「Windows」+「F4」 現在の仮想デスクトップを閉じる
(開いているウィンドウは1つ前のデスクトップに移動する)
タスクビュー
「←」「→」 ウィンドウまたは仮想デスクトップの選択
「Tab」 選択対象をウィンドウ/仮想デスクトップで切り替え
「Enter」 選択中のウィンドウ/仮想デスクトップを表示
(デスクトップに戻る)

「Ctrl」+「Windows」+「←」「→」は特に多用する。

▼関連
NECノートパソコン「LAVIE Direct HZ」設定・レビューまとめ
薄型・軽量ノートパソコン「LAVIE Direct HZ」のACアダプターを携帯しやすくする
LAVIE Direct HZ「NXパッド」の最適な設定を模索