Appleのリモートディスク用「DVDまたはCD共有設定」はWindows 10でも使える

MacBook Airを初期化してセットアップし直していたら、外付け光学ドライブを以前の大掃除で捨ててしまっていたことを思い出した。

これではOffice 2011 for Macのインストールができない(もうちょい使い続けたい)。いや、MacBook Air初登場時に話題になっていた、ほかのパソコンの光学ドライブを使えるヤツがあったっけ、使ったことないが……と検索してみたら、出てきた。

Mac で別のコンピュータの CD または DVD ドライブを使う – Apple サポート

スポンサードリンク

こちらの説明で、Windowsマシンにインストールせよと言っている「DVD または CD 共有設定」をダウンロードしに行くと、バージョンは1.0のままで2008年から投稿内容が変わっておらず、システム条件がWindows XPまたはVistaとなっていて驚く。誰も使わないのか、アップデートの必要がそもそもないのか……!?

DVD または CD 共有設定 1.0

少々躊躇したのちWindows 10環境にインストールしてみたが、問題なく使えた。コントロールパネルで「ハードウェアとサウンド」を開き、「DVDまたはCD共有オプション」をクリックして設定するだけ。あとはMacBook AirのFirnderで「リモートディスク」を開いて利用する。

20151219-11.jpg

ただ、これを設定していると光学ドライブ側のパソコンの起動が妙に遅くなる感じなので、必要ないときはオフにしておくのがよさそうだ。