最近のVAIOってどうすか?

半年ほど前から、小型のノートパソコンというかMacBook Airから買い換える先を検討している。3年以上使っているのでそろそろ買い換えたいのだが、候補機が見つからない。

MacBookならば新機種待ち

新しいMacBook(12インチ)を今買うのはネタ性に欠けるし、ぼちぼちリニューアルされるのではないかと思いつつ数カ月経った。MacBook Airをまた買うのもどうかと思う。2016年2月にRetinaディスプレイ搭載MacBook Airという噂もあるようだが、テキスト作業主体のマシンだからRetinaとかどうでもいいんだけどなあ…。

スポンサードリンク

ポータブックはナシ

昨日、キングジムが急に「ポータブック」という製品を発表したが、これはナシ。私が欲しいのは「薄くて軽い」マシンであって、底面積(フットプリント)に関しては大きい方がいい。「ポータブック」は底面積を縮めることにこだわりが強すぎる。

▼参考
【Hothotレビュー】キングジム 「ポータブック XMC10」 ~開閉型キーボード搭載のコンパクトWindows 10ノート – PC Watch

VAIO S11はどうも不安

今日になって「VAIO S11」が発表になった。

20151209-vaio-s11

▼参考
【Hothotレビュー】SIMロックフリーLTE内蔵の11.6型ビジネスモバイル「VAIO S11」 – PC Watch

スペック的には申し分ないし、お値段も納得できる。よーしソニー初代以来のVAIOか~と、だいぶ即決で買う気になったのだが、周囲のVAIOユーザーのコメントを聞いて不安になった。いわく、スリープからの立ち上がりがしょっちゅう不安定だとか、サポートに送って帰ってきてからも万全ではないとか、いろいろと……。

かつてWindows Vistaの時代に(VAIOではないが)、そういう不安定さにさんざん悩まされた。そのころMacBook→MacBook Airに乗り換えて以来ノートパソコンはMacを使い続けているが、メーカー製ノートが不安定な話を聞くと、当時のトラウマが蘇る。個体の問題が解決されないのか全体として「そういうもん」という認識になってしまっているのかわからないが、とにかく、仕事の道具がちゃんと使えないのは辛い。

当時、どこかのPC系メディアで「OSも複雑化して、ハードとソフトを別メーカーで作るのには無理が出ている」と結果的にAppleの優位を示唆する記事があったと記憶しているが、確かにそういうところはあるかも、と今も思う。

新生VAIOって、実際どうなんでしょうか? 1週間ぐらい試用できるモニタープログラムとかないものだろうか。

まてよ。今なら、Microsoftがハードも作っている「Surface」という選択肢もある。

いっそのことSurface 3? Surface Book?

Surfaceはそもそもタブレットだ。私にはタブレット成分は必要ない。軽量でノートパソコンライクな使い方もできるとしても、純粋なノートパソコンとして開発していれば、もっと軽くて安くて使いやすいノートパソコンにできるはずだしねーと、これまでまったく興味を持っていなかった。

でもSurface 3ぐらいのスペックがあれば問題なく使えそうだし、選択肢として考えてもいいかもしれないと思えてきた。ところで、Surfaceって膝の上に置いてタイピングすることは可能なのだろうか?

Surface Bookが日本で発売になるのに期待するのも1つの選択肢かもしれない。ただ、報じられているスペックではオーバースペックだし、液晶の取りはずしや回転とか要らないし、もうちょっとこぢんまりとしたヤツを出してほしい。

▼参考
Microsoft初にして究極のノートPC「Surface Book」 ~GPU内蔵の着脱式キーボード採用。13.5型3,000×2,000ドット – PC Watch