「α7II」の写真をWi-Fi経由でパソコンに転送する設定方法

ソニーの「α7II」では、Wi-Fiを経由してワイヤレスでパソコンに写真の転送が可能だという。とても便利そうなので設定してみた。手順はけっこうややこしい。

環境

・パソコン:有線接続のデスクトップPC。Windows 10搭載
・α7II:Wi-Fiで自宅の無線LANに接続

設定手順

1:α7IIでアクセスポイントに接続する設定を行う

マニュアルを見ながら設定すれば問題なし。

スポンサードリンク

2:ソニーの写真管理ソフト「PlayMemories Home」をインストールする

以下のリンクからインストールする。

▼「PlayMemories Home」ダウンロードページ
Home | PlayMemories | ソニー

20151017-12

3:パソコンとα7IIをUSB接続し「ワイヤレス取り込み」の設定を済ませる

このとき、接続方法をMTPにしておく必要があるかもしれない(今度再検証)。

20151017-13

4:Windowsの「ネットワークと共有センター」で共有オプションを変更する

パソコン側で、使用しているネットワークでの「ネットワーク探索」を有効にする必要がある。要するにカメラ側からパソコンにアクセスしてファイルを転送したいため。

20151017-11-a7ii-wireless

ここまでで設定完了となる。

転送の実施

この方法で写真をパソコンにワイヤレス転送するためには、パソコンが起動しており「PlayMemories Home」も起動した状態であることが必要となる(「PlayMemories Home」未起動の状態では、カメラ側で転送しようとしても何も起きなかった。常駐ソフトの類もないらしい)。

次に、α7IIの側でメニューから「パソコン保存」を選ぶと、ネットワークを介してパソコンを検索し、接続して、写真を転送する。すべての写真(新規撮影分のみ転送される)の転送を終えると、自動的にカメラ側の電源は切れる。

遅いが、RAWの転送ができるのは便利

利用してみると、「パソコンを起動しPlayMemories Homeも起動しておかないといけない」という点の面倒くささと、転送の操作をしてからパソコンに接続して転送を開始するまでの時間がけっこう長いことが気になった。ケーブルを繋いでなんやかんやするよりもラクなのは間違いないが、この手のワイヤレス転送で試したことがある範囲では、Eye-Fi Mobiの方が便利だと感じる。

しかしRAWファイルの転送も行いたい向きには、α7IIでのワイヤレス転送は便利だ。Eye-Fi Mobiシリーズの場合は上位版の「Eye-Fi Mobi Pro」でないとRAWの転送ができないが、α7IIの「パソコン保存」でもRAWの転送ができる。そうなればメモリーカードの選択肢が大きく広がる。

ちょうど手元にEye-Fi Mobi Proがあるので、しばらくEye-Fi Mobiを使ってみようと思った。遅いとはいえ、帰宅して転送をしかけておき風呂にでも入ってくるならば、気になるような問題ではないんだけども……。