iPhone 6sのCPUにはSAMSUNG製とTSMC製の2種類があるとの話

iPhone 6s/6s PlusのA9 CPUはSAMSUNG製とTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)製の2種類があり、SAMSUNG製は明らかにバッテリーの持ちが劣るとのこと。既にあちこちで話題になっているが……。

プロセッサーによって性能差が生まれるのではないか? そう思ったユーザーたちは、まず自分のiPhoneがどちらのプロセッサーなのか確認する術を探し出します。簡単なのはAppStoreにあるシステムの情報が見えるアプリ「Lirum Device Info Lite – System Monitor」で、インストールして起動するとプロセッサーのモデル名が確認できます。
「うわ…私のiPhone 6s バッテリーもたない?」 CPU違いの6sでバッテリーベンチをしてみました – Engadget Japanese

20151004-01-iphone6s-cpu

ということで調べてみた結果、私のiPhone 6sはTSMC製だったようだ。買い換えてからバッテリーの持ちはかなりよくなっていると感じているし、これといって発熱が気になることもない。ひとまず安、だが、リンク先によるとバッテリー駆動時間に1.5時間程度の差が出るものを「同じ製品」とするのは、自分がSAMSUNG製を引いていたら納得できなかったと思われる。