「軽くてAFでツァイスレンズが使えるカメラ」としてソニーα(Eマウント)を検討したい

カールツァイスのレンズとの付き合いも長くなったなあ…とふと思って調べてみたら、最初に買った「CONTAX Aria」の発売は1998年だった。まだ20年経ってなかった。

カメラ道楽として「マニュアルフォーカスで『写真を撮る』とはどういうことかを実感できるカメラがほしい」と思って買ったのが、当時発売されたばかりのCONTAX AriaとPlannar 1.4/50だった。

このカメラとレンズは最高で、それまで使っていたEOS Kiss+普通の標準ズームレンズとはまったく次元の違う写りに、一気に惚れ込んだ。小型化、軽量化にかなり気を使って作られたボディの使い心地もすばらしかった。何だかんだで巨大なCONTAX RTS IIIも買ったんだけど。

スポンサードリンク
デジタルカメラの時代になり、ヤシカ・京セラがいろいろで気を揉んだり機材的な意味で遠回りしたりもしたが、ここ10年ぐらいはEOS Digital+マウントアダプタでツァイスレンズ、という形で落ち着いていた。

が、最近めっきりとカメラを持ち出す機会が減っている。理由はいろいろで、単純に忙しい、気力が湧かない、忙しい、多忙である、息子が育ったので被写体として盛り上がりに欠ける、等の事情もあるが、要は「でかくて重い」ことが大きいと思えてきた。

ここのところ、外出時の荷物が増えがちな傾向にある。スマートフォンには外部バッテリーも必須になったし、タブレットかノートPCも持って行きたくなる機会が増えた。単純に「荷物が増えがち」ではなく「何となく持って行きたい小物が多くなった」という感じか? そこにさらに気合いを入れて2kg近くにもなるデジタル一眼レフ+ガラスと金属の塊のようなレンズ(ツァイスレンズは総じて重い)を加える決断が、なかなかできない。

加えて老眼的な心配も必要な歳になり、いつまでマニュアルフォーカスのカメラが使えるのかも不安になってきた。

で、そろそろいいんじゃない? と思えてきているのが、ソニーのαシリーズだ。ツァイスレンズがオートフォーカスで使える。

過去にはブロガー向けのモニタープログラムで「α300」を試用させていただいたり、Eマウントの初代機「NEX-5」を使っていたこともあったが、当時はツァイスのラインアップが乏しく(Eマウントに至ってはまだ出ておらず)、αに移行する気にはなれなかった。

今でも望遠やマクロがなく、普通のPlannar 1.4/50もとりあえず出してくれないのかなあという感じであるのだが、スナップ等で常用するレンズとしては手ごろなものが出ている。狙うのは、当然ながら小型軽量のEマウントである。

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA。実売価格6万円台からとまずまずお手頃で、非常にコンパクトだ。35mmレンズの画角はちょっと苦手だが、APC-Cサイズのボディであれば52.5mm相当となる。スペック表を見ると接写が苦手そうなのが気になるけれど、写りの評価は上々だ。

もう1本を考えるとすれば、こちらのSonnar T* 55mm F1.8 ZA。実売価格8万円台で標準画角域のレンズとなる。が、長さ70.5mmというのはちょっとデカい気がする。ましてやコンパクトなEマウント機に付けるには。ちなみにソニーの50mm F1.8は62mmらしい。

ボディに深いこだわりはないけれど、とりあえずはAPS-Cサイズの最高級機であるα6000か。Amazonだと実売5万円台からで、意外と安いなあ…。

結局、気になるのは「ソニーは今後ツァイスをどうしたいんだろう?」ところなんですよ。ブロガーイベントに参加させていただいたのは2008年か。

Q:カールツァイスレンズのラインアップがズームから始まって、標準と思う50mm F1.4がまだ出ていないのは何故か?

A:ツァイスレンズのラインアップは、既存のαレンズとかぶらないものという考えがあった。単焦点への要望が多いのは承知していて、今後順次揃えていく。ただ、αレンズを全部ツァイスに置き換えるような勢いでやるつもりはない(もちろん、置き換えを希望しているわけではないので……。開発にはかなり時間がかなりそうなニュアンスを感じた)
ソニー「α300」イベントで、ボディ内蔵手ブレ補正のスゴさを実感 :Heartlogic[旧館]

当時からツァイスレンズの数は増えたけど、「ソニーレンズで自信のあるところに敢えてツァイスを並べる必要はない」みたいな考えは今でも健在のように思える。今後もツァイスレンズのラインアップが増えることを期待して買うのではなくて、Sonnar 35mmをαに付けて一生使う気持ちでないとダメな気がする。

「カメラが重くて持って行く気になれない」というのは最悪だけど、何だかんだで今のカメラの写りには満足している。で、EOSとαの2系統もカメラを維持するほど使う機会も経済力もない。

ただ、ツァイスとはいえいささか古い設計のレンズ+さすがに古くなってきたEOS 5D Mark IIよりも、最新のソニーαの方がいろいろ楽しいし写りも十分に対抗できるんじゃないの? という期待もある。マクロや望遠はこの際諦めよう。

そんな感じで、購入を決める前の最高に楽しいかもしれないひとときを過ごしている。