初めての大人買い(暗殺教室)

息子と「暗殺教室」にハマりました。日々いろいろショックなことがありますが、これはちょっと変わった方向にショックな出来事でした。

IMG 3992

「暗殺教室」はコミックスの表紙だけはよく知っていました。1巻が出たときなんか、オフィス街の本屋の店頭の平台を占拠してましたから。これは猛烈な気合いで売り出してるなーと思いつつも、手に取ることはありませんでした。

「暗殺」というタイトルに、人を食ったような異性物らしきものの顔が一面に入った表紙。なんか生徒を殺していく作品か? デスノート的なやつか? とかなんとか思いつつも、まったく食指が動かず、手に取ることもありませんでした。

スポンサードリンク
で、先日のこと。息子に何か本を買ってあげようかと聞いたら「暗殺教室」がほしいと言うもんで買って、私も読んでみたんですが、猛烈におもしろいじゃないですか。

ああ、なんでそんなにモノを見る目がなかったんだろう2012年の私は。カバーデザインにあたっていろいろ考えられたんでしょうが、見事に「ターゲットの外」だったんだなあ……とかなんとか考えると、実にショックです。

人を食ったような「殺せんせー」は別に食ってないし、むしろ極めて誠実で、内容は実に爽快なエンターテインメントであり、教育的ですらある。こういうの、若いうちに読んで置くと何か心に残るんじゃないでしょうか。ビッチ先生含めて。

明日は最新刊まで「大人買い」しに行こうと約束しました。そうか、ちょうど14巻も出たのか。