WordPressの解説書「できる100ワザ WordPress」が出ます

12月1日、WordPress 4.xに対応した解説書「できる100ワザWordPress」が発売になります。著者はホシナカズキさん。「できる」シリーズということで初心者向けかと思いきやそんなことはなく、初めてWordPressを使う人向けの解説だけに留まらず、プラグインの活用からテーマの(コードの)編集方法まで解説し、「これ一冊読んでおけば一人前のWordPressサイト管理者」といった感じの内容になっています。

WordPressといえば超メジャーCMSですし、超カンタンな解説書もたくさん出てますし、このブログも一応WordPressですし、わりと素直に使えて本も作りやすいよねーと思ってました。が、実際は全然そんなことはありませんでした。

スポンサードリンク
実際には、わかる範囲で使う分にはさほど難しくないけど、そこから一歩先に行こうとするとインターフェースは複雑だし、プラグインごとに挙動がバラバラだし、当たり前のようにコードを書かせる場面があったり、しれっと変なメニューが追加されたりもするし……。

これはなかなか、わかっている人じゃないと使いこなすのは難しいんだなあと、予想をはるかに上回るややこしさに苦しみながらも、そこをわかりやすく、「ここまではやりたい」と多くの人が思うであろうレベルまで行けるようにがんばって、解説を詰め込んでいます。

最初は独自ドメインのレンタルサーバーにインストールするところから、基本的な設定、記事の作成、テーマの選択とカスタマイズ、プラグインを使った機能の追加やSEO、ソーシャル連携の強化、そして、WordPressを使うなら知っておきたいテーマの編集まで解説。初心者向け解説書によくある「このレベルはわかるんだけど、ステップアップしようとすると適当な情報がない」というジレンマを、きっちり解消する内容となっています。

実際、このサイトも、本書の解説にあるような子テーマを使ったカスタマイズ&適切なプラグインを入れた拡張で、しっかり作りなおしたいです。時間が許せば……!

WordPressでサイトを作ろうとしている企業やグループのWeb担当の方、WordPressをこれから使いたい/もうちょっと使いこなしたいというブロガーの方に、おすすめしたい内容になっています。書店で見かけたら、ぜひお手に取ってみてください。

なお、電子書籍もAmazonほか各電子書店で、順次発売開始の予定です。