iPhone 6(iOS 8)とXperia Bike(自転車)

iPhone 6が(どうやらiWatchも)日本時間の明日(10日未明)のイベントにて発表されようとしています。

買い換えを予定してはいたものの、引っかかるのは各キャリアの料金プラン。みすみす通話定額とやらで割高な料金を取られるプランに変えるのもねえ……というところで様子見しようと思っていますが、どうなるものでしょうか。

スポンサードリンク
ところで、iOS 8の新機能の1つとしてヘルスケア機能が話題になっていますが、スマホでヘルスケアなんて、ぜんぜん興味なかったんですよ。少し前までは。

しかし、イングレスをやってみて、なるほど、スマートフォン—ウェアラブル・IoTーヘルスケアを結ぶ線は、こんなふうにできるものかと思いました。イングレス自体が決定打ではないかもしれませんが、リアル世界に新しい意味付けをし、行動のデータを集計し分析するだけでなく、これまでとは異なる行動の理由や結果を加える。そういうところで、面白いことができる可能性は、今後も大いにありそうです。

そんな折、ベルリンで開催中の「IFA 2014」にて、ソニーがコンセプトモデルとして「Xperia Bike」を発表したそうです。

ソニーが電動自転車 XPERIA Bike を公開。スピーカー、360°ビデオカメラ搭載 – Engadget Japanese
20140909 01

自転車といえばイングレスの「課金アイテム」としても人気の、人間の機動力を拡張するアイテムです。実際の商品として販売されるかどうかはわかりませんが、自転車か何か人間の能力を拡張するもの+スマートウォッチやらアクティビティトラッカーやら人間のデータを収集するもの+拡張現実サービス+全体を統合する端末としてのスマホ みたいな組み合わせは、未来の面白いソリューションになりうるんじゃないでしょうか。

ただ、何を拡張すると本当に面白いのか、というのはよくわからないんですが。

はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド (できるネットeBookシリーズ)
B00N3S5S44