Adobe Photoshop Lightroom 5「スポット修復ブラシ」で写真から人物を消す作業メモ

Adobe Photoshop Lightroom 5では「スポット修復ブラシ」の機能が強化され、下の写真のように、けっこう大きく写り込んだ人物を違和感なく消すような修正が、簡単にできます。

高度な補正ブラシ – Lihgtroomの使い方 | Adobe Photoshop Magazine
20140608 01

いきなりこのサンプルを見せられると、すげえ! と思いますね。前バージョンではペンを1クリックする形でしかスポット修復が使えず、人の形のような自由な領域をまとめて修復することはできなかったそうです。

スポンサードリンク
この修復ブラシは、消したい部分に写真のほかの部分を持ってきて、違和感がないように調整しながら切り貼りするものです。

なので、広く草原を写し込んでいる上のサンプルのような写真では簡単に違和感なく人物を消せますが、消したい部分の代わりに持ってこれる適当な部分がない町並みや建造物内のような写真では、うまくいかないこともあります。

修復ブラシの使い方は自体は、非常に簡単です。手間をかけて修正するならば昔ながらのスタンプツールが(Photoshopに)あるわけですし、こちらは手軽さが命、という感じでしょうか。

屋内の写真から人物を消してみる

20140610 02

試しに、屋内で撮影した写真(こちらの記事で使用)から、人物を消してみます。この写真、タイミングを誤ってシャッターを切ってしまったんですが、その後に撮り直しておらず、この場所を撮った写真がこれ1枚しかなかったんですよね……。

20140610 02a

ツールストリップの「スポット修正」を選び、ブラシを「修復」(トーンを自動的に調整していい感じに処理してくれる)にします。そして「サイズ」を適当な大きさに設定します。

20140610 03

スポット修復ブラシで、消したい人物全体をドラッグし、補正する範囲を決めます。

20140610 04

マウスのボタンを離すと、Lightroomが写真の中から適当な場所を選んで、ドラッグした範囲に持ってくる形で補正を行います。でも、これだとイマイチ……。

20140610 05

そこで「/」キーを押すと、Lightroomに別の場所の候補を選ばせることができます。また、現在の範囲をドラッグすることで、自分で場所を変えることもできます。壁の映り込みまで考えるときっちり修正するのは難しいですが、こんな感じかな……と。

20140610 06

壁の部分はそれなりにできました。次に床の部分の違和感を消すために、もう1回修復ブラシを使って、床の部分をごまかします。

なお、作業中に「H」キーを押すと、範囲の線などの表示が消えて、仕上がりの写真を確認できます(もういちど「H」キーを押すとふたたび表示されます)。

20140610 07

できあがりが、こんな感じです。よく見るとなじんでいない感じの部分もありますが、5分足らずのの作業でこれくらいに修正できれば、上出来ではないでしょうか。スポット修復ブラシはかなり処理が重いので、マシンパワーが十分にあれば、もうちょっと早いと思います。

階段の上の方にあと3人の人物が写っていますが、これらの人をスポット修復ブラシで簡単に消すのは難しく、ここでは諦めています。

写真の中のちょっとした傷を修正する

20140610 01

本来スポット修復ブラシは、センサーのゴミの写り込みなど、もっと小さな範囲の修正に使われるものです。名前からしても。例えば、こちらの写真では葉っぱの一部が傷ついていたので、ちょいちょいと簡単に修正しています。

あてにする機会は少ないと思うけど、知っておくと助かる…はず

先にも書いたように、スポット修復ブラシはLightroom 5で大幅に強化された機能で、Adobeが掲載している上記サンプルのように、人物をそっくり消すようなことも可能になっています。

ただし、大きなサイズを問題なく補正できる写真とできない写真があり、何でもかんでも「困ったらLightroomで消せばいい!」というわけにもいきません。

複雑な絵柄の写真の中の広い範囲を埋めるには、スポット修復ブラシの「修復したい範囲を選んでから持ってくるパーツを探す」方法よりも、Photoshopのスタンプツールやコピー機能を使って「持って行けるパーツを切り出してからはめ込む」方法の方が、やりやすいと思います。

と、いった理屈はさておき、ちょっと試して「どれくらいの補修ができるのか」という感覚を掴んでおくと、困ったゴミを取る手軽な方法として、いざというときに頼れる機能だろうなと思いました。いつも積極的に使うわけではないけれど、困ったときに「これを使おう」とパッと思いつけることが大事、という感じで。

参考書はこちら。

Photoshop Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書 思い通りの写真に仕上げる現像の技術
4844363638