「必要」に負けない欲望を!

必要な作業、求められる仕事をこなし続けるだけでは心が余裕を失って死ぬ、という危機感を、最近強く持つようになりました。

481308138X

世界はわれわれに限界までの労働を求める。働きすぎると体を壊すことは20代で経験しているので、体を壊さない程度に働くことはできますが、求められること、必要とされることだけをやっていても、心が先に壊れる。心が壊れれば体も持ちません。生きるって難しい。

スポンサードリンク
こうしたことが、40代に入ってようやくわかった、というよりも、歳を取っていろいろと昔よりは枯れ、一方では何かと責任が増えていく中で、うっかりしてると「必要」なことをやるだけで手一杯な状態が続いてしまうことが多くなる、こともあるのかなと思います。

それでも「必要」に負けずに、たいして役に立たないことや、ムダなことを断行できる「欲望」を持ち続けることが大切である、ということを意識していきたいと思います。「夢」とかそういう立派な言葉でなくていいので、欲望を。

では、どうすればいいのか? 欲望を忘れないでおくためには、Evernoteにメモっておくのが最善だなという結論に達しています。忘れないためのツールとしてちょうどよく、仕事で扱う情報の大半もEvernoteに入っているので、バランスを取るという意味でもいい気がします。

保存・記憶はそれでいいとして、どうも普通に生活していると「欲望」がそれほど発生しません、恐ろしいことに。とはいえ無欲で仙人のようになるわけでもなく、小粒の場当たり的なモノはいろいろと湧いて出るもので、始末が悪くていけません。

欲望を涵養する(涵養されるのか?)環境を作るにはどうすればいいのかなあ……。ブログに書いてみる、というのは、ひとつ有用な気がしますね。