書斎スペースを(またもや)再構築:机を選ぶ

引っ越し先にも、余った家具を寄せ集めた書斎スペースができました。

20140313 01

非常に狭いのですが、座ってみると確かに作業スペースとしては狭いけど、狭くて無駄にできるスペースがないゆえに意外と集中できるのが、何というか怪我の功名というか。あれ、これで十分なのかも? というか……。

スポンサードリンク
前の部屋では、結局引っ越すまでスチールラックの書斎スペースを使い続けていましたが、引っ越しにあたってスチールラックは処分してしまったので、何かしら新しい机を買おうかと考えています。

▼当時の記事:
1畳にスチールラックで作る安上がりな書斎スペース :Heartlogic[旧館]

ところで今回の引っ越しで悟ったのは、

  • 家具も、そのうちお別れする消耗品と考えるべし
  • 極力シンプルで、1人で持ち上げて粗大ごみに出せるものにするべし
  • 大型家具は後始末にもお金がかかることまで考えて買うべし

ということでした。大きなスチールラックは簡単に自分で解体して搬出できましたが、収集に1,000円かかりましたし。机は、引き出し付きだと重いし上の棚がセットだと汎用性がなくなるので、広めの天板が乗ってるだけのテーブル状のがいいなあ。

上の写真の机は幅75cm×奥行き45cm程度ですが、奥行き45cmだと、書類とノートパソコンを同時に広げるのが辛いんですよね。そして幅がないと、同時に1つのものしか広げられません。

狭いのは不便ですが、狭い机を使った方が、集中できるし集中せざるを得なくなる、あと机の上を都度片付けざるを得なくなるので、おのずと片付く効果があるかも……という気もしてきましたが、もうちょい広さは欲しいなあ。

と、考えてみると、これくらいシンプルなので十分ですね。何事かと思うぐらい安いし。新しく買うならば奥行き60cm、幅は100〜120cmぐらいにしたいところです。

などと思いつつ、楽天を見ていると、こういう「リサイクルウッド製」なんてのを見かけて惹かれてしまうのですが。

こういうのは買う前がいちばん楽しいので、もう少々楽しんでから決めたいと思います。

あたらしい書斎
4844332783