2014年は「妖怪ウォッチ」が熱い!

ただいま息子のまわりで激アツなのが、2014年1月からアニメが始まった「妖怪ウォッチ」です。

コミックスは2巻まで発売中も書店では品薄。1月に発売になったファンブックは当然ながら品切れ、おもちゃ類も売り切れ、という状況で、確かにヨドバシカメラのおもちゃ売り場を覗いてみたら、大変なことになっていました(棚がガラガラで)。

20140216 01

息子画伯による「ジバニャン」(上)と、本物(下)。

妖怪ウォッチ 2 限定妖怪メダル付き (てんとう虫コロコロコミックス)
4091591698

それにしても、たったコミックス2巻なのにずいぶんと展開が早いし、おそろしくゲームやグッズ展開が意識された設定だなあと思ったら、これはレベルファイブの企画なんですね。

スポンサードリンク
レベルファイブといえば、息子がサッカーを始めたころに熱中した「イナズマイレブン」で、「クロノ・ストーン」編のアニメを「もう怖いから見たくない」と言わしめた迷展開が個人的にもトラウマなのですが……、「妖怪ウォッチ」は今のところおもしろいです(大人も楽しめる、という類のものではありませんが、子ども向けにわかりやすくおもしろいです、という意味で)。

コロコロコミックスで2012年12月売りの号からマンガの連載がスタートし、Nintendo 3DS用のゲームが2013年7月11日発売。少女漫画誌「ちゃお」でも2013年12月27日発売号から連載がスタートしているそうです(コロコロでは男の子が主人公、ちゃおでは女の子が主人公らしい)。

妖怪ウォッチ
B00CDIHUE6

さらに、2014年1月8日からアニメがスタート。データカードダス「妖怪うきうきペディア」も1月から全国のゲームセンターで稼動開始しており、グッズも同じく1月から発売開始、なんですね。

別冊コロコロコミック増刊 妖怪ウォッチまるごとともだちファンブック 2014年 03月号 [雑誌]
B00HQLZQNW

「妖怪ウォッチ」とはどこかのニュースサイトとは関係なく、主人公の男の子が手に入れた腕時計状のアイテムです。これを使うと妖怪を見ることができ、妖怪と「友達」になると「妖怪メダル」が手に入る、みんなウォッチ持ってメダルをコレクションしようぜ! というもの。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ
B00GN4CFFK

メダルはガチャガチャなどでも手に入る例のパターンです(しかし、ガチャガチャも軒並みカラッポの様子)。

なお、Amazonでも関連商品は品薄で、出品価格も高騰しているようなので、ご注意ください。

コミックスの息子が爆笑して勧めてくるページを読んでもアッハイぐらいなところに年を感じつつ、これはうまいなあ……と感心しています。マンガの第1、2回は、コロコロのサイトで立ち読みもできるようです。

コロコロ公式サイト|立ち読みコミックス!

▼関連記事:
「妖怪ウォッチ2」コラボのスマホRPG「ワンダーフリック」で「ワンダーニャン」を手に入れる! | Heartlogic