東京五輪2020予定地を歩く:有明アリーナ、有明ベロドローム、有明BMXコース

2020年東京オリンピックの競技場予定地となっているお台場周辺エリアの、2013年の様子を見てきました。

20130928 11

この寝転がったら気持ちよさそうな原っぱは、オリンピック招致プランの8番「ワールドクラスのバレーボール会場」となる有明アリーナの予定地です。

▼招致プランはこちら:
招致プラン>>TOKYO 2020|2020年、オリンピック・パラリンピックを日本で!
20130928 21

スポンサードリンク

バレーボール会場「有明アリーナ」予定地

上記招致プランのページで「8」をクリックすると、こんな絵が出てきます。

20130928 22 1

上の写真は、絵の上に入れた赤い矢印ぐらいのアングルになります。右端のところに大きめのプレハブがあって工事関係の人の出入りはあるようですが、この場所の工事自体は、まだ何も行われていないようです。さすがに7年ありますしね……。

Googleマップで見ると、この赤矢印のあたりです。また数年後に見てみたいと思います。

20130929 31

自転車競技会場「有明BMXコース」予定地

こちらは招致プラン9番の「有明BMXコース」予定地です。招致プランの説明文には「対岸に東京の都市景観が広がる、ドラマチックな森林コースとなる。」と書かれていて、確かにビル街が見えます。

こちらも特に工事は行われていないようですが、道路が先にできているのは、どういうことなんでしょう? 区画割りが決まったら道路は先行して作るような感じになるのでしょうか。何とも気になりました。

20130928 15

地図の赤矢印のあたりで、矢印の向きに撮っています。

20130929 32

自転車競技会場「有明ベロドローム」予定地

招致プラン10番「有明ベロドローム」(自転車のトラック競技用施設)の候補地がこちらです。現在整地中のようで、工事用車両が動いていました。また、この写真だと見えにくいですが、BMXコース予定地と同様に道路が先行して作られていました。

20130928 13

写真はこんな感じで、橋の上から撮っています。工事車両の出入り口には「都有地につき立ち入り禁止」とありました。

20130929 33

BMXコースとベロドロームは、こんなイメージのようです。

20130928 24

築地市場の移転予定地(豊洲市場)は急ピッチで工事中

以上のように、オリンピックの競技場予定地はまだ工事が始まっていませんでした。が、ゆりかもめに乗って豊洲からお台場のあたりを見ていくと、現在バリバリに工事中のエリアが目に入ります。

20130928 14

新豊洲〜市場前〜有明テニスの森あたりで見える築地市場の移転予定地(豊洲新市場)で、土壌汚染対策工事をしているところです。上の写真は、地図の赤矢印のあたりの視点で撮っていて、ピンクに塗ったあたりが土壌汚染対策工事中となっています。

豊洲新市場土壌汚染対策工事

20130928 34

こちらは、2014年の豊洲新市場オープンを目標にしていたそうですが、2013年始めの段階で1年延期が発表されていて、なかなか大変な状況のようです。

2014年度中の移転を目指していたが、新市場予定地の土壌汚染対策に時間がかかる見通しとなったことなどから、計画通りに移転するのは困難と判断した。
東京都、築地移転延期を正式発表 :日本経済新聞

▼関連記事:
東京五輪が開催される2020年のために「7年前の東京」を記録しておこう | Heartlogic
東京五輪2020予定地を歩く:(番外編)豊洲の地下にある巨大変電所「新豊洲変電所」と名前が隠されたビル | Heartlogic
東京五輪2020予定地を歩く:2013年の海の森(植樹祭) | Heartlogic
東京五輪2020候補地を歩く:オリンピックアクアティクスセンター&ウォーターポロアリーナ(辰巳) | Heartlogic

@nifty:デイリーポータルZ:東京の本当に何もない駅(2007年の、ゆりかもめ新市場駅周辺のレポート)

オリンピックボランティアになるための本 (インプレスムック)
4844335685

最後のおいしい!築地: 歩くグルメ地図 2013-2014年版 (週刊朝日ムック)
4022745959