Googleアナリティクスのレポートを簡単に見る、ブロガー必須のChrome拡張機能「Client for Google Analytics」

Googleアナリティクスのレポートは見たい。でも毎度ログインするのはめんどい、という人向けのアプリは複数ありますが、多くは有料です。

ですがGoogle Chromeの拡張機能として公開されている「Client for Google Analytics」は無料で、PV、検索キーワード(オーガニック検索)、参照元サイトなどをこまめにチェックしたいブロガーには、十分な機能を持っています。

Client for Google Analytics
20130911 01

インストールは、上記のページから行います。

スポンサードリンク
20130914 00
インストールに成功するとこのように拡張機能のアイコンが表示され、下記のようにアカウントとプロファイル(ビュー)を選択していると、その日の訪問数(1時間未満程度のタイムラグで取得されるようです)が表示されます。

プロファイルを選択/期間を選択

20130915 07 2
アイコンをクリックしてClient for Google Analyticsを起動したら、まずは画面最上部のアカウントとプロファイルを選択します(ここでは「Heartlogic2」)。

このとき、私がこのブログで使っていた比較的古いアカウント(「UA-」の後が5万番台)だとプロファイルのリストが表示されなかったので、新しくアカウントを作り直しました。もしかすると、同じように古いアカウントをお使いの場合にはプロファイルが選択できないことがあるかもしれません。

「Today」の部分をクリックすると、データを見る期間を「Yesterday」「7days」「1month」〜「1Year」から選択できます。詳細な日の指定はできません。

最初は画面下部のタブのうちもっとも左が選択されていて、ダッシュボード的な情報が表示されます。

トラフィックのレポートを見る

20130915 01 1
画面下部のタブの左から2番目は、Googleアナリティクスの「トラフィック」レポートにあたるタブです。ここでは「Referral traffic」(参照サイト)をクリックしてみます。

20130915 02
このようにレポートが表示され、参照サイトの訪問数が多い順に50位ぐらいまでが表示されます。特定指標での並び替えやセカンダリディメンションなどは利用できず、レポートをクリックすると、上の画面に戻ります。

同様にして「Keywords」をクリックすると、検索キーワード(オーガニック検索)のレポートを見ることができます。

コンテンツのレポートを見る

20130915 03
3番目のタブは、Googleアナリティクスの「コンテンツ」レポートに当たります。

ブロガーならば、ここでもっとも使うのは「Titles」でしょう。記事(ページのタイトル)別のページビュー、滞在時間、直帰率などのレポートを見ることができます。レポートをクリックするとメニューに戻るのは、トラフィックのレポートと同様です。

ユーザーのレポートを見る

20130915 04
4番目のタブは「ユーザー」レポートに当たります。それほど頻繁にチェックが必要な情報はありませんが、「Operating Systems」や「Mobile devices」は、モバイルデバイスへの最適化を目指すブロガーは気にしておきたいデータです。

設定画面

20130915 06
いちばん右のタブは設定画面です。グラフの色や、アイコンに訪問数を表示するか(Allow icon to show today’s visits count)を設定できます。

レポート画面がおしゃれすぎるのが、しいて言えば難点かな

詳細な分析はできませんが、主な指標を簡単にチェックしたいという向きには十分な機能があり、WindowsでもMacでも使えて無料であり、そして手元のChromeでワンクリックするだけという手軽さが非常に魅力的です。

ただ、レポート画面がおしゃれすぎて、文字が薄くて細かいのが難点といえば難点かなと思いますが……。その点が致命的でない方には、おすすめです。