「ブログ」の掴みどころのなさは奇跡的

「日本でのブログ10周年」ということで、先日は「ブロガーサミット」という大きなイベントが行われ、私は家庭の事情で行けなかったのですが、多いに盛り上がったようです。

その後、各所でブログ論的なものが語られているのを見つつ、いっちょ噛みしてみたいと思います。私が10年ほど「ブログ」界隈を見ていて、非常におもしろいと思うことが2つあります。

1つは、「ブログ」の要件は少しずつ変わりながら、何だかんだで定着していること。もう1つは、「ブログ」を批判したり、貶したりする言説が、ことごとく偏狭で屈折したものに見えてしまうことです。いずれも、他にはなかなかない特徴だと思います。

スポンサードリンク

姿を変えながら定着した「ブログ」

かつてブログが流行りだした頃には、「ブログとは何か?」という議論がよく行われていました。ツールなのかメディアなのか? その前からあった「日記」とは何が違うのか? などなど。

そうした議論には、あまり明確な結論は出されていなかったと思います。当事者にとってはそこを追求して結論を出すことは特に重要ではない、ということだと思っています。

現状、「Web上のログ」という最低限の定義にあてはまりさえすれば全て「ブログ」であり、当初ブログの特徴とされていたパーマリンクがブログの専売特許でなくなり、トラックバックは衰退し、コメントもあったりなかったりという状態になっても、「ブログ」という言葉は使われ続けています。

そして、取り組む人たちにその気さえあれば、お互いのコンテンツやスタイルに違いがあっても「ブロガー」として連帯し、集まって何かやったり学びあったりできる。しかも「ビデオブロガー」とか「レシピブロガー」とかいった新ジャンルを取り込み、「プロブロガー」なんて存在まで生まれる始末です。

奇跡的な掴みどころのなさ

昔のブログは「フローのメディア」だと言われてきましたが、よりフローとして強い機能を持つTwitterや各種ソーシャルメディアが登場してからは「ストックのメディア」に役割を変えた、という面もあります。

そのように役割を変えつつもブログが定着しているのには、「ブログ」の掴み所のなさと、大雑把なイメージで語っても(前向きに語って何となく共感している限りにおいては、当事者であるブロガーの間では)だいたいOKという、よくわからない懐の深さがあるのだと思います。

また、そのように掴みどころがないゆえに、「ブログ」の一面だけを捉えて批判したり貶したりしても、どうしても視野が狭い(批判対象をきちんと捉えられていない)印象になってしまい、またミニマムな定義の「ブログ」となるとシンプルすぎて批判のしようもない、というのも面白いところです。

個人をエンパワーメントするツール

ブログの黎明期に、村井純教授にインタビューする機会をいただいたことがありました。そのとき村井教授は「ブログとは個人をエンパワーメントするツールである」とおっしゃいましたが、この定義は、今でも憎いほどうまい具合に当てはまっていると思います。

今後も、Webが人々の情報収集ツールとして存在感を増せば増すほど、そこに「ログ」を放り込むブロガーの可能性もまた増していくはずです。

ブログの役割や位置付け、ブログの上に人々が乗せてくるモノは変わってくるかもしれませんが、根っこのところは今後も変わらず、何かを書き残し、積み重ねていくことで、自分に少しずつ、いろいろな力が溜まっていきます。

そういう話の流れで言うと「プロ・ブロガー本」のシリーズは、日本でもっともブログにパワーをかけている人がやっている「書き残し、積み重ねる」ための手法が読める本、と捉えたいと思っています。

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100
ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

4844334417

▼関連記事