Web=ストリーム論からブログ・ブロガー論 2009年夏版  

ブログデザイン勉強会で感じたことなどを踏まえつつ、最近のブログ論・ブロガー論めいたものを少し書いてみます。 流れの中で生まれるリズム 「Webはリアルタイムのストリームになる」的な話を踏まえると、私たちはその流れの中で暮らしていて、そして、そこには何らかのリズムが生まれる、と考え...

ブログデザイン勉強会で感じたことなどを踏まえつつ、最近のブログ論・ブロガー論めいたものを少し書いてみます。

流れの中で生まれるリズム

Webはリアルタイムのストリームになる」的な話を踏まえると、私たちはその流れの中で暮らしていて、そして、そこには何らかのリズムが生まれる、と考えられます。

例えば、朝起きたらどこかのお気に入りのブログを見る、昼休みにRSSリーダーの未読を消化する、夜、帰ってきたらSNSにアクセスする、出社したらTwitterクライアントを立ち上げる、といったものです。日のリズムだけでなく、週単位や月単位のリズム、イベントドリブンでそれを処理するリズムみたいなものもあるでしょう。

で、そうすると、自分のリズムに合うメディアや合う人というのが見つかる。具体的には、だいたいいつも見に行くと新着記事があるブログとか、アレってどうなの? と思ったときにすかさず言及しているブロガーとか、ウィンドウを覗くといつもしゃべっている人とか、そういう存在です。

リズムの中に「書く」があるのがブロガー

ブロガーというのは、こういうネットユーザー(であるところの自分自身)のリズムに「書く」という行為を組み込んだ人、暮らしのリズムにメディア(自分のブログ)運営が組み込まれている人なんだな、というのが、最近の感覚です。

従来のメディアはそうではありません。例えば雑誌なら「毎月○日発行」とかメディアのリズムがあって、読者はそれに合わせる。ライターもそれに合わせて書く。暮らしのリズムとメディアのリズムは別々です。

この違いというのは例えば、

  • ブロガーはその時のことをその時に書く、ライターは感じたことをまとめて締め切りまでに書く
  • ブロガーは結論とか特になくても書く、ライターは起承転結とか意識せずには書けない

というような形で出てくるのかなと。

で、このWebの流れのリズムの中で発信しているブロガーの情報というのは、従来のメディアとはちょっと違う感覚で読み手に入っていくんじゃないかという気がしています。

従来のメディアは能動的に「読むぞ」と思って読むものですが、リズムがうまくはまるブログの場合は、(いちど購読のための設定か何かをしてしまえば)点滴が体に入って行くような感覚で情報が受け手に入っていくようになるんじゃないかと思います。このへん、あまりうまく言語化できていませんが。

ブロガーと読者は同期する

ちょっと風呂敷を広げた話になりますが、AIDMAとかAISASとかAISCEASとかいう話で考えてみると(そしてネタフルさんを例に取ると)、

  • A(Attention):コグレさんが気づいたものを書く/ネタフルを読んで注意が喚起される
  • I(Interest):コグレさんが興味を持ったものを書く/ネタフルを読んで興味を持つ
  • S(Search):コグレさんがSEOする/検索するとネタフルがヒットする
  • C(Comparision):コグレさんが比較した情報をリンク/ネタフルがリンクしている先で比較
  • E(Examination):コグレさんが悩みをそのまま書く/ネタフルと一緒に悩む
  • A(Action):コグレさんがついに買ったよと書く/ネタフルを見て背中を押されて買ってしまう
  • S(Share):コグレさんが感想を書く/それを読んで満足したりコメントしたりする

というように、ブログというのはその読者の消費行動のすべてに寄り添っている、いや、狙って寄り添ってとかじゃなく、もっと根本的な形で「同期している」と言うことができるのではないかと思います。

ネタフルとそこまでシンクロしている読者がどれくらいいるのかどうか分かりません。また、Webのメディアでこうしたパターンを意識した運営をしているところも多くなっています。でも、商用メディアは総じて情報が濃すぎるのでちょっと気合い入れないと読めないし、CGM系は量が多すぎて、同じくちょっと構えないと読めない、スルッと入ってくる感じではない気がします。リズムで読むのでなく、情報収集するぞーと気合いが入っている人にはそういう濃い情報の方が有益かもしれないわけですが。

こう考えると、つまりブログを書くにあたっては、

  • いかに暮らしのリズムの中に「書く」というイベントを取り込むか
  • そのリズムを保ち、読者と同期し続けられるか

がキモ、という考え方もあるな......というのが、最近ブログについて考えていることです。

だから何だという結論はあまりまとまってないんですが、ひとつは、リズムを意識することが「読まれるブログ」作りには重要なんだろうなということです。例えば、ちょろっと書いたものが物足りなくてひとネタ足そうと思って関連ネタを探し出したりすると、そこでリズムを崩してしまうのかもしれない。逆に、常に一晩寝かしてから公開する、というリズムを作る人がいるかもしれない、とか......。

CGMサービスの設計として、リズムに組み込みやすいシステムであることが重要、ということも言えるかもしれません。

(追記) 呼吸するように反応をいただきました。

そして思考しながら、そのままの思った内容を書いていくと、場合によっては、書きながら(考えながら)なんらかの結論めいたものが出てくることもあるので、書くことで頭を整理している側面もあります。
[N] 「呼吸するようにブログを書く」とは暮らしの中にブログを書くことが組み込まれている人

私の場合、結論めいたものが出ないと公開できず(自分に納得感がないので)、寝かせておくことが多いです。でも「ここまで考えた」とか「こう思った」と断片だけを公開しておくと、誰かが途中から考えてくれたり、思わぬ方向に展開させてくれたりしてくれることもある。自分では大暴投と思ったボールが、たまたまそこにいた人に拾われて転がり続けることもある。そこらへんの絶妙な投げ具合にもリズム感がある気がします。

さすがに小鳥ピヨピヨでも、ここまでメモくさい記事は稀だなー。そっか、こういうヤマもオチもないことを気軽にかけるから、TwitterやTumblrは流行ってきているのかもしれないですね。
Twitterっぽくブログを書く:小鳥ピヨピヨ

さっき「これからは発信でなく発振だな」と脳内の誰かが囁いたんですが、そんな感じかなと思いますきっと。