「ブログデザイン勉強会」参加。Heartlogicはフレンドリーなブログを目指す(かも)  

「ネタフル x シカマケ = ブログデザイン勉強会」第1会勉強会(全4回予定)に参加してきました。 ブランディング(キャラ立て)のためのデザインを考える シカマケ=「視覚マーケティングのススメ」の著者であるウジトモコさんは、デザインを通じたブランディング「視覚マーケティング」の提...

ネタフル x シカマケ = ブログデザイン勉強会」第1会勉強会(全4回予定)に参加してきました。

ブランディング(キャラ立て)のためのデザインを考える

シカマケ=「視覚マーケティングのススメ」の著者であるウジトモコさんは、デザインを通じたブランディング「視覚マーケティング」の提唱者。この勉強会は「デザイン勉強会」と銘打ってはいますが、いわゆるテクニカルなデザインというよりは、現状のブログを「どうしたい」のか考え、ゴールを決め、そこに向けたブログのブランディング戦略を立て、それに基づいたデザインを考える、といった内容になります。

「ブランディング」という言葉に違和感があるなら「キャラ立て」と言い換えてもいいかもしれません。ブログを通じて何をしたい? 誰に、どんなことを伝えたい? そのためにデザインをどう役立てられる? といったことを考えながら今後の勉強会に臨んでいくことになりそうです。

自己紹介など行いつつ、ウジさんから「ビジュアルマーケティング」の基本について講義。ここで、「ネタフルは『Mac』と『浦和レッズ』でブランディングされている」という指摘は、ひざを打つ思いでした。私はレッズのことは分かりませんが、ネタフルのMac記事の充実ぶりは確かにかなりのもの。そして、そういった土台があるから、他の記事にも一定の方向性=キャラが見えて、面白い。

それに、Macとレッズって「インドアとアウトドア」、「文化系と体育会系」、「オシャレと泥臭さ」、「ワールドワイドと地域密着」みたいな、さまざまな面で対照的なイメージを持つモチーフじゃないですか。それが同居しているネタフル、恐ろしい子!

翻ってこのブログはといえば、ブランディングなど何も考えていません。いや、「何も考えていません」という言い訳を常に持っておけるようにしていた、とも言えます。今回、このへんから考え直し、何かしらポリシーを持ってデザインをリニューアルしたいなと考えています。

この際だから「はぁと☆ろじっく」的方向性で......

勉強会に参加する前は、基本的な方向性として、記事の内容にもっと説得力が出るようなビシッ・パリッ・カチッとしたハイソな感じにしたいと思っていました。

でも、勉強会中の会話で「そういえば、他のライターはブログ読者から仕事の依頼がよく来ているようだけど、私は一度もブログを通じて仕事の依頼を貰ったことがない」と述べたところ(その前に、小鳥ピヨピヨのいちるさんは、4人に1人ぐらいの確率で読者から女性だと思われている→キャラクターや名前のイメージから女性が近づきやすいし女性的な印象も持たれるのかも、的な会話があり)、

  • 編集者臭が漂っていて同業者が何かを感じて、避けているのではないか
  • 確かに何となくそういう感じはあるかも。バリアーみたいな
  • そもそもHeartlogicって硬いし覚えにくいですよね。でも「ハートロジック」と片仮名にするのもどーも
  • いっそ「はぁと☆ろじっく」で

と、なるほど、そういう方向性があったかーと考え始めています。確かに、自分の得意な方向を考えても、柔らかい感じを出していった方がいいかもな、と......。