iPod touchの新しい可能性を見た  

できるネット+の解説記事がiPhone/iPod touchに対応しました - できるネット+ 編集部ブログ ということで、私も制作に関わっている「できるネット+」の解説記事ページが、iPod touchからの閲覧に対応しました。 ちょっと今そこで撮ったのを無編集のままアップした...

できるネット+の解説記事がiPhone/iPod touchに対応しました - できるネット+ 編集部ブログ

ということで、私も制作に関わっている「できるネット+」の解説記事ページが、iPod touchからの閲覧に対応しました。

ちょっと今そこで撮ったのを無編集のままアップした動画なのできたないですが、こんな感じで見られます。

うーん、これはイイわ。できるシリーズの解説記事はこれまでもHTML化したりPDF化したりしているんだけど、デジタル化したのをPCで読むと、PCのモニター内で「解説読む」と「操作する」を切り替えながらやらなければならず、どーにも煩雑である、という問題がありました。

なので、携帯版作ったら(携帯の画面で解説を読みながらPCを操作するスタイルなら)ええんちゃう? みたいな話をしたこともあったんだけど、携帯の小さい画面にどうやって情報を詰め込むのか? とか、レイアウトの大幅組み換えが必要であるとすると制作コストかさむよね、とか、そこにパケ代かかるのはどうよ? とか大量の問題があって、実現可能性は高くないよなあと思ってました。

ところがiPod touchなら携帯よりも画面広いし、細かいところは簡単に拡大できるし、なかなか「特殊な人のためのガジェット」の域を出てこないスマートフォンの類よりも普及しそうだし、制作のコストもほとんどかかってないしで、相当に良い感じ。無線LANはご家庭にありますよね、ということで。

iPhone/iPod touchサイズが「画面広めケータイ」のデファクトスタンダードになって、このサイズでのWebブラウズ、というのがもっと広まったらいいですね。今までのケータイでもPCでもない、また新しい世界観が生まれると思う。