「集合知」についての、ちょっとしたまとめ  

最近使われている日本語の「集合知」という言葉は、英語での2つの言葉をまとめて呼んでしまっているような気がしている。 (1)統計的なデータ。多数決の結果。または数学的に処理する前の大量の情報(Collective Intelligence) ひとりひとりの予想を、たくさん集めて集計...

最近使われている日本語の「集合知」という言葉は、英語での2つの言葉をまとめて呼んでしまっているような気がしている。

(1)統計的なデータ。多数決の結果。または数学的に処理する前の大量の情報(Collective Intelligence)
ひとりひとりの予想を、たくさん集めて集計してみると意外と当たっているものだ、というような話。未処理状態の大量の情報を指し、何らかの処理をして提供する装置を「集合知を利用したサービス」と呼ぶこともある。

(2)複数人の知恵の集合(wisdom of crowds)
ひとつの課題に取り組むとき、超優秀なひとりより、それなりに優秀な何人かの集合が複数の視点を上手に使って取り組む方が高い成果を生むことができる、というような話。それと、自分が知らないことも聞いてみれば誰かが答えてくれるよ、みたいな話。似たようなものだが、前者はオープンソースのような専門分野を極める話、後者はQ&Aコミュニティのようなもっと一般的なものの文脈で出てくるので、ちょっと違うものと考えても良いと思う。

私の英語力では誤解している可能性も大いにあるが、「集合知」とはとにかく「集合」であることに意義がある情報。あえて言えば、知的かどうかは二の次。対して「群集の叡智」は、集合知の中でも質の高いものを指し、賢さを得るための装置として群集がある、ということに意義があるのだと認識している。ウソを書いていたらご指摘いただけると有り難いです。

上記のような認識があるので「集合知が集合愚だぜー」的な単純な言葉遊びはナンセンスであり、全部集計してみたら意外と平凡だったよね、という「はてブ人気エントリーはつまんない話」と、群衆の叡智のつもりでやってたらむしろダメだった(船頭が多くて山に登っちゃいましたとか、誰でもウェルカムにしていたらバカがやって来ましたとか)という話とは、慎重に分けて論じた方が有意義だと思う。

Wikipediaなんかは、情報の質=「叡智であるか否か」を論じることができる一方で、情報の量=とにかく山ほどの情報が勝手に集まっていること=「知(情報)が集合している状態」そのものも普通の感覚では驚くべきことだ。それってセルフサービスで情報が集まっててロングテりまくってるんじゃんすげえじゃん! であり、「Wikipediaは集合知なのか?」みたいなテーマ設定は2段階で論じるべきなのだろうと思う。

関連:
Zopeジャンキー日記 :群集がいつも賢いとは限らない 「Wisdom of Crowds」の成立条件
in-between days - 「みんなの意見」は案外正しい
ネットの意見相互調整機能に個人は抵抗できるのか? : ARTIFACT ―人工事実―


「群集の叡智」を上手に取り出す技術


上記Zopeジャンキーでも引用されている、、群集の叡智が成立するための4つの条件が以下。

(1) diversity of opinion (意見が多様なこと)
(2) independence of members from one another (メンバーが互いに独立していること)
(3) decentralization (中心を持たないこと)
(4) a good method for aggregating opinions (正しい方法で意見を集約すること)

これを、どこかのサービスに期待しようとすると、3のかなりの部分と4は、システムに依存することになりそうだ。

どこのニュースサイトか忘れたが、Web2.0や集合知の解説をしていた記事に読者からのレビュー機能がついていて、それが全員の平均点で「○点です」とか出ていた上に評価の分布などが全然見られないのはうまいジョークだと思った。統計されたスコアしか見られないシステムでは、「群集の叡智」など成立しようがない。


現状ではとりあえず個人の努力で、この1~4を成り立たせることを考えるのが良さそうだ。こんな感じだろうか。

(1)意見を信頼できるブロガー、レビュアー、ブックマーカー等を複数見つける。全面的に賛同できる人物から正反対の人物までをピックアップしておくこと
(2)彼ら全員がひとつの団体に属していたり、一定の思想に囚われたりしていないことを確認すること。ニュースソースが全員モヒカン族に属していたりしたらアウト
(3)2をクリアしていれば良さそう
(4)彼らひとりひとりの発言やブックマークを目視で確認し、集計機能(はてなブックマークの人気エントリーとか)に頼り過ぎないこと


最後に余談。

Amazonでは「これを買った人はこの商品も買っています」機能があるが、これをもう一歩進めてレビュー機能とリンクさせ「あなたが高評価をつけている作品を同じく好きな人はこの商品も評価しています」とか「あなたが高評価をつけている作品をクソミソにけなしている人はこの商品を評価しています」みたいなレコメンドがあると、多様な意見を自分の意見と相対化しながら見られて面白いと思う。

これは@cosmeでは既にあるシステムで、自分が高評価をつけているコスメを同じく評価している人のおすすめコスメが見られるようになっている。化粧品は健康にもかかわるものだけに、似た体質・肌質の人がおすすめしているコスメを見られる、という機能の重要度が高かったのだろう。

とか思っていたらAmazon.comで新手のレコメンドが始まったという紹介記事があった。「集合知」の切り口はもっといろいろ考えられそうだ。
「代わりにこんな商品を買ってますよ!」・本家アマゾンで「おすすめ紹介」に新機能:Garbagenews.com