「無知」に対し、中途半端に絡むのが一番タチが悪い  

無知を怒ったり嘲笑したりする人たち 初めて入った出版社の先輩編集者にすごい人がいた。読者から(たぶん)の電話にキレ調子で応対していたかと思ったら、電話を置いて「まったく、○○(何かのソフトの名前)のことも知らないで電話してくるなっての」と言うのだ。雑誌、特に専門誌というのは、読者...

無知を怒ったり嘲笑したりする人たち

初めて入った出版社の先輩編集者にすごい人がいた。読者から(たぶん)の電話にキレ調子で応対していたかと思ったら、電話を置いて「まったく、○○(何かのソフトの名前)のことも知らないで電話してくるなっての」と言うのだ。雑誌、特に専門誌というのは、読者が手に入れにくい情報を提供することによってお金をいただいているわけで、読者がそれを知らないからこそ、商売が成立すると思うのだが。

「無知は罪」という言葉があるが、これは言葉どおりの意味ではなく、「人は、無知であるために罪に当たることをしてしまうこともある。でもそれは、その人が悪いわけではない。無知こそが罪であり、人に罪はない」といった解釈が適切だと、どこかで聞いたことがありますよ。ソース見つけられませんでしたが。

無知を非難したりバカにしたりするのは、一定のルールを双方が共有している場合(互いに知識競争をしているとか)以外では、無意味であり無作法なのではないか。

「わかっている人」同士の会話はラク。「わかっていない人」との会話は辛い

多くの前提を共有できる「わかっている人」同士の会話は楽だが、「わかっている人」はそう増えるわけではない。「わかっている人」を増やしたいと思ったら、わかっていない人にわかってもらうための言葉選びや話し方ができないといけない。これは難しい。

このブログだって「ある程度わかっている人」向けの言葉でしか書けていない。難しいし、手間もかかるので。

じゃあ、どうすればいいのか?

つまり、こちらに触発されて書いてるわけですが、

わかってない人の解釈がそれをよく知らない人たちの間に広まるのが許せないのなら、自分から知らない人たちに向けた情報発信をすべし(ARTIFACT)

おおむね同意なのだけど、「カウンターの書き方」みたいな方向にも行ってるのが気になった。「わかってない人」と何も分かち合う気がないなら単に無視すればいいし、「わかってる人」になってほしいならきちんと教えてあげないと意味がない。

また、コミュニケーションはしなくていいが誤解は正したい、という場合は、その「正したい」というミッションを達成するために、それなりにコストをかける必要があるのではないだろうか。まとまった「知らない人たちに向けた情報」のアーカイブがひとつあれば、類似の「わかってない人」に対してそこを読むように言えば全部解決する、という効果もある。

このエントリへの反応として「知らない人向けに情報発信するのはコスト(時間、難易度両面で)が高くてできない」的なものが多いみたいだ。そりゃ当たり前で、スキルと時間がそれなりに必要な作業であることは間違いない。

「わかっていない人」のために書かれた良記事

自分自身がわかっていないテーマについて、、これを読んだおかげで興味が湧いた、というサイトはいくつかあったと思う。思い出したら追加する予定。

例えば、

ジェンダーフリーとは ~Q&Aですぐわかる!~
よくある誤解や疑問を拾ってQ&A形式で解説されており、それほど興味がない人も引きつけられるし、ぐいぐい読み込まされてしまう。この形式は他のテーマにも応用しやすく、作りやすいのではないだろうか。Q&Aははてな等のQ&Aコミュニティサイトから拾ってくるという手もある。
作られた経緯も、前述のエントリのような話と重なるのではないかと思う。