低ITリテラシー者の口コミこそ信用できる、という最近の印象  

最近、「無料ブログサービスを使うのも大変」程度のITスキルの友人が、mixiにコミュニティを立ち上げて情報交換を始めた。そこは当事者ならではの真剣さ、新しい共同体ならではの新鮮さに満ちていてとても雰囲気がよく、それなりに有効な情報のやりとりもされており、mixiが今でも持つ求心力...

最近、「無料ブログサービスを使うのも大変」程度のITスキルの友人が、mixiにコミュニティを立ち上げて情報交換を始めた。そこは当事者ならではの真剣さ、新しい共同体ならではの新鮮さに満ちていてとても雰囲気がよく、それなりに有効な情報のやりとりもされており、mixiが今でも持つ求心力と、「正直じいさん」の強さをあらためて見た気がした。

一方で最近、ある程度のネットリテラシーがある人の「口コミ」はなんか信用できない気がしてしまう。一定以上まで突き抜けた人のはまたアリなんだけど。ネットリテラシーの低い人たちがワイワイ話している中の口コミだけが、真に信用に値するもののように感じられる。アフィリエイトを使わずに本を絶賛してあると「これはホントに信じられそうだ」とか思っちゃう。口コミマーケティング疑心暗鬼病です。

どこの誰とも知れない人が書いた「口コミ情報」というのは、ネガティブなものにせよポジティブなものにせよ「それを書くことが、何の損にも得にもならない。でも書いている」という事実があり、それが一種のボランティア精神のようなものを感じさせる。「だから中立的な、聞くに値する意見だ」という解釈によって、信頼性が担保されるのだと思う。

ところがアフィリエイトやらポイントやらが絡むと、中立性は失われてしまう。だから代わりの何かが信頼性を担保しなければならない。レビュアーの評価システムみたいなのがついたり(その評価の中立性は何で担保されるんだ、っていう話が出るわけだが)、またはブロガーの個人情報開示ぶりとか、それまでの実績がモノを言うようになるんだろうが、一般的にはむしろ「サイトの見た目がなんかキレイで、普通のお店っぽい」てな要素の方が大きいんじゃね? という気もしないでもない。

何が口コミの信頼性を担保するのか

「この人たちはあくまで中立的な立場で書いているんです。COLORS(またはビルコレとか)のシステムが勝手にポイントをつけてるんです」とった方便も成り立つかもしれないが、私ぐらい心がすさんでいると、これでは自分を納得させられない。

COLORSとかビルコレの会員数、運営状態についてはほとんど知らないが、ネットリテラシーとは無関係に、平均的な感覚の人(曖昧な表現)なら胡散臭いと感じるし、敬遠するんじゃないかなあ。どうなのかなあ……? それを分かって敬遠するよりむしろ利用してやろうと考える層と、さっぱり分からない層が一定数いるだろうけど、そこだけを狙ったプロダクトなんだろうか。

口コミ発信者と、それを受けての購入者がまったく均等に利益と損失を分担するシステムだけが、この疑心暗鬼を解消しうる気がする。つまり共同購入? とはいえ「買ったもの」をレビューするのが基本と考えれば、共同購入オンリーというシステムは有り得ない。

このあたりに「ドロップシッピング」なるシステムがどう絡み得るのか? については勉強中です。


口コミの影響力増す→ステルスマーケティングの温床化 というジレンマ

噂として聞いただけの話だが、コスメの口コミサイト「@cosme」にはメーカー関係者の自社商品ヨイショ/ライバル商品ボロクソの口コミが書き込まれる問題があるという。

利害関係を持つ者が第三者のフリをして口コミを流布させる「ステルスマーケティング」に悩まされることは、見方を変えれば口コミメディアの影響力を裏から計るバロメーターといえるのかもしれない。

mixiは既に、コミュによってはほとんど書き込みが宣伝ばっかりだから、「ステルスマーケティングに悩まされる」のは管理がしっかりしている状態だ、と考えてもいいかもしれない。


……と、書くだけいてみただけで、これといって斬新な解決のアイデアはないんですが。

(1)プロレビュアーの登場(ONEDARI BOYSみたいなのを含め)

(2)少数精鋭のまま口コミメディアというかコミュニティを維持する(商売にならないけど)

(3)ユーザーと共同開発(たのみこむや空想生活のような)というスタンスを取ることで、提供者と消費者は利害が一致する共同体となることもできる。コミュニティマーケティング

なんてのが、とりあえず考えられる解なんじゃないかなあ。やっぱりいつまでもユーザーをグルグル回してpv増やして広告料吊り上げるんじゃなく、(3)の道を模索するべきだと思う。

その上を行く思考として「メンバーはどうやっても入れ替わるもの。アツい間にグルグル回してpv増やして広告見せまくるのが吉」というのがあるのかもしれないけど。


参考:
グリーとはてな、SNSとブログを利用したクチコミプロモーションを商品化(CNET Japan)
mixi とは別の盛り上がりをみせる SNS ― COLORS(観測気球)
友人間でアフィリエイトをシェアできる「ビルコレ」(INTERNET Watch)